【医師監修】薄毛は薬で治せる!最強のAGA治療薬5選!

みなさん、AGA(男性型脱毛症)という病気をご存知ですか?
いわゆる若ハゲと言われる人のほとんどはこのAGAです。

AGAにはミノキシジルフィナステリドデュタステリドなどなど多くの治療薬があります。
その中から科学的データに基づいた最強の治療薬5選!をご紹介したいと思います。
一体AGAという病気とは何なのか、また治療薬は何を使ったらいいのか、まとめてみました!

AGA(男性型脱毛症)とは?


AGAとはandrogenetic alopeciaの略であり、男性型脱毛症のことを言います。いわゆる「薄毛」「若ハゲ」などと呼ばれる状態のことですね。ただこの病気にはいろいろな特徴があるのでもうすこしくわしくみてみることにしましょう。

AGAの特徴

AGAは直訳すると「男性ホルモン型脱毛症」となります。つまり男性ホルモンが原因で起こる病気なのです。
だいたい思春期以降に発症することが多く、症状は前髪の生え際の後退つむじ周りから始まる薄毛の進行などが挙げられます。

ここで意外な事実を一つ。男性ホルモンは筋肉の増加を助けたり、男らしさを出したりする物質なのですが…じつは本来発毛を手助けする物質でもあるのです!!!確かに言われてみれば筋骨隆々な人は毛深いなんていうイメージもありますよね(笑)

ではなぜ男性ホルモンが脱毛の原因になるのでしょうか?

AGAのメカニズム

結論からいうと、それは前髪の生え際とつむじ周りの毛根が他の毛根と違うからなのです。
毛の生え変わりのサイクルには成長期というものがあり、そのタイミングで太く、長い毛が作られるのですが、ひげや胸毛などは男性ホルモンの影響で成長期が長くなるのに対し、前髪の生え際やつむじ周りの毛は男性ホルモンによって成長期が短くなり、その結果薄くて短い毛が多くなってしまうのです。

また男性ホルモンは毛根に働きかけるときに、より強力な男性ホルモンに変化することが知られています。この働きはのちに紹介するAGAの治療薬と深いつながりがあるのでよく覚えておいてください!

最も効果のあるAGA治療薬

ではAGAの治療薬にはどのようなものがあるのでしょうか?今回は現在主流となっている最も効果のある5つの治療法を紹介したいと思います。

「発毛治療の王様」フィナステリド

フィナステリドは、先ほど紹介した、男性ホルモンがより強い男性ホルモンへ変化するのを抑える働きのある薬です。
この薬の優れている点は、脱毛の進行を遅らせたり育毛を促進したりする確かな効果があることです。

最短3〜6ヶ月の治療で発毛効果があります。99.4%近くの人が発毛したという研究もあるほど、効果の優れたお薬です。

発毛効果に関してはお墨付きで、長年にわたる臨床研究がその効果の高さを証明しています。
もっとも一般的に使用され、発毛効果が認められている「発毛治療の王様」といえる薬でしょう。

[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg

「発毛治療の王子様」デュタステリド

デュタステリドもフィナステリドと同じ働きを持つ薬です。

デュタステリドはフィナステリドの進化版といえる薬で、発毛効果はフィナステリドと同等もしくはフィナステリドよりも強い可能性が示されています。
まだまだ新しい薬ですので、今後のさらなる研究が期待されています。
フィナステリドかデュタステリド、どちらかを選んで使うことをおすすめします。
フィナステリドが王様ならばデュタステリドは「発毛治療の王子様」といったところでしょうか笑

デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg

「発毛治療の救世主」ミノキシジルの塗り薬

ミノキシジルは上2つの薬と違い、毛根の成長期を長くすると同時に、毛根の成長が止まる休止期を短くする効果があるといわれています。そのため、毛根の成長サイクルが改善され、髪が育ちやすくなるのです。
この薬の最大のメリットは、なんと男性だけでなく女性への発毛効果が確認されているということです。
男性、女性ともに髪の悩みの解決策となることでしょう。
ミノキシジルは「発毛治療の救世主(メシア)」といった感じです。
ミノキシジルは塗り薬ということで、使い始めのハードルも低く、初めての方でも始めやすいお薬なんではないでしょうか。
ミノキシジルはフィナステリドと組み合わせるとより効果的であることがわかっています。
フィナステリドとセットで使用することをおすすめします。

フォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]

なお、ミノキシジルの飲み薬(ミノキシジルタブレット)は、安全性や発毛効果が十分に検討されていないため、服用は控えた方がよいでしょう。

「発毛治療の革命家」LED/低出力レーザー

LED/低出力レーザーは頭皮に特殊な波長のレーザーを当てることで発毛を促す治療法です。
「レーザーを当てるだけで生えるの?」と思うかもしれませんが、不思議なことに、魔法のように髪が生えてきます。
この不思議なレーザーは細胞を活性化する働きがあります。
頭皮に低出力レーザーを照射して大量の栄養素を作り出すことで、毛根の細胞(毛母細胞)を活性化させ、髪の毛が生えてくるのです!
そして、驚くべきは副作用がほとんどないことです。
こちらもミノキシジルの塗り薬と同様に女性も使用することができます。
副作用なし!ただ光をあてるだけ!というLED/低出力レーザーはまさに「発毛治療の革命家」です。
一度購入すれば半永久的に使用できるので、実は最も経済的です。
個人的には一番おすすめしたい治療法です。

本気で髪の悩みを改善したい方はLED/低出力レーザー「ヘアマックス」ぜひチェックしてください↓
現在こちらのプロモーションコード「HMX2016」を入力いただくと8%割引になるキャンペーンを行っています。
*キャンペーンは予告なしに中止になる可能性があります。
HairMax for FB

「発毛治療の期待の若手」アデノシンの塗り薬

アデノシンは、ミノキシジルと同様に頭皮に塗ることで、発毛効果があります。
比較的最近開発された治療なので、まだまだ知名度は低いですが、非常に有効な治療です。
副作用も軽度で、ぜひ試していただきたい治療ですね!
発毛治療の期待の若手」といったところでしょうか。

こちらのフォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]はミノキシジルに加えてアデノシンも配合された、まさにいいとこ取りなお薬です。

現時点で最強の組み合わせとは?

以上5つの治療法をご紹介しました!
その中で私がおすすめする最強の組み合わせは


フィナステリド1mg(フィナロイド)
+
ミノキシジル5%*/アデノシン(フォリックス)ぬり薬
+
LED低出力レーザー(ヘアマックス)

もしくは


デュタステリド0.5mg(デュタボルブ)
+
ミノキシジル5%*/アデノシン(フォリックス)ぬり薬
+
LED低出力レーザー(ヘアマックス)

のどちらかです!
*ミノキシジルはタブレットや飲み薬ではなく、5%ぬり薬。

現在、地球上にこれ以上の治療はありません笑
いろいろなAGAクリニックが独自の治療法を開発して、100万円以上するような高額で売り出していますが、そんなものにほとんど科学的根拠(エビデンス)なんてありません!笑

断言しますが、上の2つの治療が現在最も科学的根拠(エビデンス)が高く、最も経済的な組み合わせです。
今すぐ髪の悩みを解決したい方はどちらかの組み合わせを選んで試してみてください!
AGAは進行性の脱毛症です。
髪が薄くなってからでは手遅れになるかもしれません。
あとから後悔するのではなく、今すぐ勇気のある一歩を踏み出しましょう!

まとめ

今回はAGAの特徴と、その治療薬についてまとめてみました。
今回ご紹介した5つの治療法はいずれも科学的データに基づいて効果が認められていて日本皮膚科学会が推奨しているもののみをご紹介しました!

今回紹介した5つの治療法、フィナステリド1mg、デュタステリド5mg、ミノキシジル5%、LED/低出力レーザー、アデノシンこれらは長年の臨床経過により科学的データによって証明された、本当に効果のある発毛治療といえるのです。

逆に、もしあなたの薄毛の原因がAGAなのであれば、どれだけ生活習慣を正そうが市販の育毛剤を使おうが最先端の100万円以上するような高価な発毛治療を行おうがあなたの髪の悩みは解決しない可能性が高いです。これらの治療法を実践することが、あなたの髪を生やす近道、そして最良の方法なのです
髪がなくなってから後悔するのではなく、いますぐ効果的な対策を始めましょう!

(参考文献)
男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

関連記事

ページ上部へ戻る