AGA遺伝子検査「祖父のハゲが遺伝する」は科学的に正しいのか!?

「母方の祖父が禿げていると禿げる」という話、ちょくちょく耳にしますよね。あれ、ただの都市伝説かと思いきや、実は遺伝子的に科学的根拠がないわけでもないのです。

遺伝子で禿げることが運命づけられているなんて悲しすぎる、そう思いますよね。でも、気を落としすぎないでください。いいお知らせもあるのです。
現在のAGA遺伝子検査で禿げやすいという結果が出たら、それはすなわちフィナステリドというAGA治療薬が効きやすい体質でもあるということなのです!

もっとも現在行われているAGA遺伝子検査の全てが正しいというわけではありません。今回独自に科学誌などを調べたところ、現在行われているAGA遺伝子検査の一部は有用だということが分かったので、その解説をしていきたいと思います。

そもそもAGAが起きるわけ

やっぱり遺伝?

AGAについて調べてみると、AGAが起きる理由として以下の二つがあげられています。

・遺伝
・男性ホルモンによる毛周期の乱れ

しかし、男性ホルモンによる毛周期の乱れも、結局のところ遺伝的に起きやすい/起きにくいというのがあります。詳しくは次の章で述べますが、アンドロゲン受容体の遺伝子が関係しているようなのです。

なぜ男性ホルモンがAGAを引き起こすのか?

AGAを直接的に引き起こすのは、テストステロンという男性ホルモンです。テストステロンというのはもともと、筋肉を増やしたり骨格を発達させたりして男性らしい体を作る作用を持っています。
テストステロンは血中に含まれ、体中をめぐっていますが、毛髪の産生に関わる毛乳頭細胞に取り込まれると5α-レダクターゼによりジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されます
このDHT、テストステロンに比べとても強い作用を持っているのです。

DHT(鍵のようなもの)が髪を作り出している真皮の毛乳頭細胞内のアンドロゲン受容体(AR:鍵穴のようなもの)に結合すると、髪を作り出すもととなる毛母細胞が死ぬようにという信号が流れます。
これにより頭髪を自然と作り出す毛周期が乱れ、退行期へと誘導されてしまうことがAGAの直接的要因といえます。1)

AGAの遺伝子検査とは何か

現在行われているAGAリスク検査

AGAの遺伝子を検査することでAGAリスクを判定する「AGAリスク検査」。AGAリスク検査で見ているのは、アンドロゲン受容体遺伝子の上に存在するCAGとGGCという塩基配列のリピート数(繰り返しがどの程度あるか)です。

上で述べているように、アンドロゲン受容体はDHTが結合すると毛母細胞の死を誘導します。
そこで、「アンドロゲン受容体の塩基配列が変わってくるとDHTとの結合しやすさが変わり、脱毛リスクが分かる」と考え実証した人たちがいました2)。それが2001年にオーストラリアのメルボルン大学の研究者たちが出した論文です。現在のAGAリスク検査はこの論文がベースになっていると考えられます。

少し詳しく見てみましょう。
この論文では、54人の若いAGA患者と392人の高齢AGA患者、107人の高齢だけれどAGAでない人たちをサンプルとしています。その結果、CAGリピートとGGCリピートの合計が短い人ほどAGAの発症率が高かった、ということです。短いというのはどの程度かというと、リピート数の合計の基準値を38として、それより値が小さければ短いとするようです。
しかしここで合計数が短い人の割合を見てみると、AGA患者では約50%のところAGAでない人では約30%ということで、正直確定診断には全然使えないという印象を受けます。
また、サンプルがオーストラリアの白人が主で、日本人など黄色人種のデータではないというのも引っ掛かります。世界共通の疾患もいくらでもあるとはいえ、人種によってかなり遺伝子は異なってきますからね。

実は間違っているAGAリスク検査

しかし、上の論文が発表された2年後の2003年、上の主張はサンプル数が少ないため根拠として弱いという説も出されています3)

それから9年経った2012年、AGA発症とCAG,GGCリピートの関係をメタ解析で調べた論文が出ました4)。こちらは過去の論文を統合して分析することで、数千人規模のサンプルとなっていることからも信頼度が高いものです。
それによると、CAGリピートとGGCリピートの合計とAGAの発症率には相関がないということが分かりました。
しかし、東アジア人(つまり日本人)においてはCAGリピート単体とAGAの発症リスクには相関があるという結果が得られました。

要するに、「現在行われているCAGリピートとGGCリピートの合計でAGAの発症率をみるという遺伝子検査は意味がない。けれども、CAGリピート数が短いとAGAリスクが上がるというのはある程度信頼度が高い」ということです。

AGAリスク検査はどこで受けられるのか?

AGAリスク検査は、AGA治療を専門としている医院でもうけられますが、2万円以上かかる上に通院しなければなりません。正しい情報がたくさん得られる可能性もありますが、必要以上に恐怖心をあおられて様々な検査や治療を行い、高額な支払いをすることになるリスクもないとは言えません。

一方、遺伝子検査キットを用いれば、1万円ちょっとで簡単に調べられます。またこちらは結果が郵送されてくるので通院の手間もかかりません。

AGA遺伝子検査でわかるフィナステリドの治療効果

フィナステリドが効きやすい人

検査をしてAGAになりやすいということだけがわかっても、、という気分の皆さん、1つ朗報です。
(1本の論文なのでエビデンスレベルがとても高いというわけではないのですが)AGA患者149人を対象としてCAGリピートとフィナステリドの効果に関係があるかを調べた論文によると、CAGリピートが23.5以下と短い患者ではフィナステリドが効きやすいとのことです。

おまけ~AGAの遺伝はどこから?

ここまで、アンドロゲンレセプターのCAG、GGCリピートを中心にみてきました。これらの遺伝子がどの染色体上にあるのかというと、X染色体の上にあります。
男性はXとY染色体、女性はX染色体を二つ持っています。
そして男性は父親からY染色体、母親からX染色体を一つ受け継ぐのです。
つまり、男性が持っているX染色体は常に母方由来なので、AGAになりやすさというのは母方の遺伝子で決まると言っても過言ではありません。
もちろん、このCAG、GGCリピートだけで薄毛になるかどうか決まるわけではないので、父親からの影響もあると思われます。
遺伝について詳しくはこちらの記事を見てみてください。

まとめ

AGA遺伝子検査には意味があるのか、何を見ているのか、といったことを中心に書いてきました。
この記事でお伝えしたかったのは、

・医院などでよく言われるCAGとGGCリピートの合計が低いほどAGAになりやすいというのは科学的根拠がない
CAGリピート単体の数が少ないほどAGAになりやすいというのは科学的根拠がある
CAGリピートが短いAGA患者はフィナステリドが効きやすい

以上の3点です!検査を受けられる前に読んでいただけたのなら幸いです。

参考資料
1) Ralph M Trüeb, Molecular mechanisms of androgenetic alopecia, Experimental Gerontology, Volume 37, Issues 8–9, 2002, Pages 981-990, ISSN 0531-5565,
https://doi.org/10.1016/S0531-5565(02)00093-1.
(http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0531556502000931)
Keywords: Androgenetic alopecia; Androgen metabolism; Androgen receptor; Polygenic inheritance; Follicular microinflammation; Permanent hair loss
2) Polymorphism of the Androgen Receptor Gene is Associated with Male Pattern Baldness
Ellis, Justine A. et al.
Journal of Investigative Dermatology , Volume 116 , Issue 3 , 452 – 455
3) Zitzmann, M. and Nieschlag, E. (2003), The CAG repeat polymorphism within the androgen receptor gene and maleness. International Journal of Andrology, 26: 76-83. doi:10.1046/j.1365-2605.2003.00393.x
4) Zhuo, F. L., Xu, W. , Wang, L. , Wu, Y. , Xu, Z. L. and Zhao, J. Y. (2012), Androgen receptor gene polymorphisms and risk for androgenetic alopecia: a meta‐analysis. Clinical and Experimental Dermatology, 37: 104-111. doi:10.1111/j.1365-2230.2011.04186.x
5)佐藤明男ら:男性型脱毛症のフィナステリド治療効果とアンドロゲン受容体遺伝子CAGリピート多型との相関性 Skin Surgery:17(2);80-86,2008

Dr.ぎょっち

投稿者プロフィール

2013年千葉大学医学部卒。東京大学医学部附属病院にて2年間の初期研修を修了後、2015年より都内のAGAクリニックにて発毛治療に従事する。科学的手法に基づいて、500名以上の患者の髪を生やしてきた。「薄毛で悩む多くの人に、発毛の喜びを届ける」ことをモットーに、2017年よりMEDitor.jpを運営している。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る