アロビックスって実際どうなの?本気の人向け、オススメ発毛治療まとめ

アロビックスというお薬を聞いたことがありますか?
AGA治療に取り組まれている方の中には、ご存知の方も多いかと思います。

今回はアロビックスの治療効果について徹底検証していきます!

アロビックス

アロビックスとは?

アロビックスとは、フロジンのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とは、薬の特許が切れた後に、もともとの製造元とは異なる製薬会社によって販売される、有効成分が同じ薬のことです。
もともとの製薬会社の情報をもとに製造されるため、製造コストが安く済みます。そのため、効果が同じ医薬品が安く販売されているのです。

アロビックスの有効成分はカルプロニウム塩化物

アロビックスの有効成分は、カルプロニウム塩化物といわれる化学物質です。
カルプロニウム塩化物は、塗った場所の血管拡張血流増大毛嚢の活性化作用があるといわれています。
円形脱毛症をはじめ各種脱毛症における脱毛防止、発毛促進および乾性脂漏,尋常性白斑の治療に応用した薬です1)

アロビックスの副作用としては、塗った直後の全身発汗,それに伴う悪寒,体のふるえ,吐き気,嘔吐などがあります。これらの異常がみられた場合には使用を中止し、水などで洗い流しましょう。

カルプロニウム塩化物は推奨度C

しかし、カルプロニウム塩化物による治療効果は現段階では十分には実証されていません

有効成分カルプロニウム塩化物、これは日本皮膚科学会では推奨度C(行ってもよい) とされています2)。アロビックスによる治療は効果が期待できないわけではなく、重篤な副作用も少ないので行っても問題はないということです。

ただ、治療の第一選択肢にはならないでしょう。それはもっと効果が期待できる治療法があるからです!

カルプロニウム塩化物よりも、もっと効果が期待できる治療法としては、推奨度Aのフィナステリドデュタステリドの飲み薬ミノキシジルの塗り薬や推奨度Bの自毛植毛術LEDおよび低出力レーザー照射アデノシンの塗り薬があります。

これらを検討し、効果がないまたは使えない理由がある場合にカルプロニウムによる治療が候補に挙がってくるでしょう。

参考 日本皮膚科学会 男性型脱毛症 治療法の推奨度2)
 A.行うよう強く勧める
フィナステリドやデュタステリドの飲み薬、ミノキシジルの塗り薬
 B.行うよう勧める
自毛植毛術、LEDおよび低出力レーザー照射、アデノシンの塗り薬
 C1.行ってもよい
カルプロニウム塩化物の塗り薬、t-フラバノンの塗り薬、サイトプリンやペンタデカンの塗り薬、ケトコナゾールの塗り薬、かつらの着用、
C2.行わないほうがよい
ビマトプロスト、ラタノプロストの塗り薬、成長因子導入および細胞移植療法
D.行うべきではない
ミノキシジルの飲み薬、人工毛植毛術

オススメのAGA治療


ではAGAの方が最初にとるべき治療法は何か?!それはズバリ、フィナステリドミノキシジルLED/低出力レーザーです!それらについて簡単に説明していきます。

フィナステリド

フィナステリドは簡単に言うと、男性ホルモンの働きを抑えてAGAを治療する薬です。
AGAは男性ホルモンの一つであるジヒドロステロン(DHT)が頭皮で働きすぎた結果、髪の成長が抑えられることが原因で起こります。
フィナステリドはジヒドロステロンが体の中でつくられるのを抑える働きがあります。フィナステリドを飲むことで、ジヒドロステロンの量が減り、髪の成長が正常化し、髪が生えてくるということです。

男性ホルモンの働きを抑えるという仕組みでAGAを治療するフィナステリドには副作用がいくつかあります。その一つが性機能障害です。フィナステリドは男性ホルモンを抑える薬なので、それにより男性機能(性欲の減退、勃起不全)に悪影響が出てくるということですね。

またフィナステリドを使うことで肝機能障害が出るという報告もあります。その他、前立腺癌の腫瘍マーカーの値が過小評価されることや、薬自体へのアレルギーなども副作用として挙げられるでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルはAGAの治療薬として、フィナステリドと並んでよく使われる薬の1つです。
リアップなどの塗るタイプの発毛剤に含まれています。発毛効果を実感するには、1日2回、4か月以上使い続けることが必要です。使用し始めたばかりの時期に、一時的に抜け毛が見られることがありますが、ふつう2か月ほどでおさまります。

ミノキシジルがなぜ発毛に効果があるのか、はっきりとはわかっていません。ミノキシジルは元々、血管を広げて、血圧を下げる薬として開発されました。血管を広げる作用で、血行が良くなり、毛が生えてくるのではないかと言われています。

これまで行われた多くの臨床試験で、ミノキシジルを頭皮に塗ると発毛が促進され、大きな副作用も少ないということがわかっています。そのためAGAの患者さんの多くにミノキシジルの塗り薬が使われているのです。

アデノシン

アデノシンとはDNAの構成材料にもなっているヌクレオシドという物質の一つです。

アデノシンのAGAに効くしくみはまだ明確にはわかっていません。先ほど紹介したミノキシジルは血管を広げる作用がある薬ですが、そのしくみの中で、アデノシンという物質が関わっていて、アデノシンを塗ることでミノキシジルと同じような効果があるのではないかと言われています。

アデノシンの治療効果について、ある臨床試験では80%(51人中41人)が見た目で薄毛がかなり改善し、少し改善した人も含めると実に94.1%(51人中48人)の薄毛が改善しました3)。また、アデノシンには副作用がほとんど報告されていません。

しかし、現時点ではアデノシンの治療効果、副作用は十分に検証されているとはいえません。ただ日本皮膚科学会で推奨度Bとされているアデノシンはフィナステリドやミノキシジルに次ぐAGA治療といえるでしょう!

LEDおよび低出力レーザー

LEDおよび低出力レーザーとは、髪の毛が薄いところにレーザーを当て、発毛を狙う方法です。
LEDおよび低出力レーザーは日本皮膚科学会で推奨度B (行うよう勧める)とされている治療法です。
残念ながら、日本では承認されている器具はないのですが、ヘアマックスという器具はアメリカでFDAにより承認され販売されています。そのため、ヘアマックスを輸入して使えば、日本の方もLEDおよび低出力レーザーによる治療を行うことができます。

LEDおよび低出力レーザーは細胞の中のミトコンドリアという器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出します。
頭皮にLEDおよび低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出すことで、毛根の細胞(毛母細胞)を活性化させ、髪の毛が生えてくるのです!
LEDおよび低出力レーザーについては、世界でいくつかの臨床試験が行われています。そのうちの1つを紹介します4)

・HairMax Laser- Comb laser phototherapy device in the treatment of male androgenetic alopecia: A randomized, double-blind, sham device-controlled, multicentre trial, Clin Drug Investig , 2009; 29: 283―292.

この臨床試験では110人の男性型脱毛症の被験者を、

①低出力レーザーで治療するグループ
②効果のないレーザーで治療するグループ(プラセボ)

に分けて治療したところ、①低出力レーザーで治療したグループに優れた発毛効果が見られたという結果が得られました。②のグループでは当然、発毛効果はありませんでした。副作用は特に見られなかったとのことです!

自毛植毛術

自毛植毛術とは、自分の髪の毛を他のところからとってきて、それを薄い部分に移植するという方法です。これはれっきとした手術の一つです。そのため、飲み薬や塗り薬に比べると少し敷居が高く感じられるかもしれません。

しかし自毛植毛術は国内、国外で、397,048件(2015年度)と数多く行われています5)。そのため、日本皮膚科学会でも推奨度B(行うよう勧める)という位置付けになっています2)

自毛植毛術のメリット、デメリットは以下のようなものがあります。
(メリット) うまく定着すれば、短期間で治療が可能
(デメリット) 医師の技量によって効果が変わってくる、費用が高い、移植する毛の量に制限がある、移植した毛が定着するとは限らない、手術跡が残る

このようにいくつかのデメリットもあります。 そのため、日本皮膚科学会では、(1)フィナステリドやデュタステリドの飲み薬やミノキシジルの塗り薬による効果が十分でない、 (2)他に手段がない、 (3)十分な経験と技術を持った医師が施術を行うといった但し書きをした上で、自毛植毛術を推奨しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
アロビックスの有効成分はカルプロニウム塩化物。
カルプロニウム塩化物はまだ十分にAGAに対する治療効果が検証されているわけではありません
推奨度が高いフィナステリドミノキシジルLED/低出力レーザーを始めに行うことを個人的にはおすすめします。

しかし、もちろんアロビックスは副作用も少なく、発毛効果の報告も多数されているので、興味のある方はぜひお試しください!

参考文献
1)アロビックス インタビューフォーム http://www.nihon-generic.co.jp/medical/search/files/AROVI_IF_1306.pdf (2018年4月24日アクセス)
2) 日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版
3)Watanabe Y, Nagashima T, Hanzawa N, et al: Topical adenosine increases thick hair ratio in Japanese men with androgenetic alopecia, 579―587.
4)) Leavitt M, Charles G, Heyman E, et al: HairMax Laser- Comb laser phototherapy device in the treatment of male androgenetic alopecia: A randomized, double-blind,
sham device-controlled, multicentre trial,Clin. Drug. Investig. , 2009; 29: 283―292
5) International Society of Hair Restoration Surgery (ISHRS)2015 Practice Census: Extrapolated number of hair restoration procedures worldwide. http://www. ishrs.org/sites/…/ishrs_2015_practice_census_fact_ sheet_final.pdf International Society of Hair Restoration Surgery, 2015; ISHRS Practice census 2015.

Dr.ぎょっち

投稿者プロフィール

2013年千葉大学医学部卒。東京大学医学部附属病院にて2年間の初期研修を修了後、2015年より都内のAGAクリニックにて発毛治療に従事する。科学的手法に基づいて、500名以上の患者の髪を生やしてきた。「薄毛で悩む多くの人に、発毛の喜びを届ける」ことをモットーに、2017年よりMEDitor.jpを運営している。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る