ベルタの育毛剤ってどうなの!?~エビデンスに基づいた有効成分検証

ベルタの育毛剤にはベルタの育毛剤について調べてみると、やたらと口コミがいいことが目につきます。
しかし、最近では口コミも企業のプロモーションやさくらで構成されていることも多く、残念ながら口コミが実際の使用者の声をそのまま反映しているものとは限りません。
(反映されていないどころかただのコマーシャルと化しているケースも多いですよね。。)

口コミが信じられないとなったら何を信じればいいのだ…となった方にお勧めしたいのがエビデンス(科学的根拠)です。

今回は、エビデンスに基づいてベルタの育毛剤について独自に検証してみました。

本記事では、ベルタの育毛剤とはどんなものなのか、有効成分とされている物質の検証、女性型脱毛症の治療法について解説していきたいと思います。

ベルタとは?

ベルタってどんな会社?

ベルタ(BELTA)は、「女性としての美しさと、健康でしなやかな体。BELTAは美と健康を追求する女性のためのブランド(公式ホームページより引用)」ということをメインテーマとして掲げたお店のようです1)。

中でも、「女性の薄毛の原因に着目し、髪にお悩みの女性のために、女性の薄毛予防・抜け毛予防など女性の髪と頭皮の健康に特化(公式ホームページより引用)」しているのがベルタヘアーという部門のようです。

主体となる会社は株式会社ビーボです2)。
本拠地を港区青山に構え、台湾やフィリピンにも支社があるとのことです。

もともとママ向け情報サイトから始まった会社のようで、当初から女性のための製品開発がモットーのように見受けられます。

ターゲットは女性型脱毛症

前述したとおり、ベルタヘアーは「女性の薄毛の原因に着目し、髪にお悩みの女性のために、女性の薄毛予防・抜け毛予防など女性の髪と頭皮の健康に特化」しているとのことで、ターゲットはずばり女性型脱毛症です。

現在世の中で販売されている育毛剤の多くは男性型脱毛症をターゲットとしているものです。
男性型脱毛症と女性型脱毛症は原因も症状も異なるので、当然治療薬が同じであるはずはありません。
しかし、患者数は圧倒的に男性型脱毛症患者の方が多いこともあり、男性型脱毛症に関する製品はたくさん作りだされている一方で、女性型脱毛症の治療薬/育毛剤は珍しいものとなっています。

ベルタヘアーはそんな現状に注目して、女性型脱毛症にフォーカスを当てた製品の開発を目指したようです。

ベルタの育毛剤とは?

ベルタの育毛剤の説明

ベルタ育毛剤とはどんなものなのか、まずはベルタヘアーのホームページから引用してみましょう。

「女性特有の髪や頭皮の悩みに根本原因からアプローチ。厳選した育毛・頭皮ケア成分56種類を、業界最大級の99.9%も凝縮配合しました。しかも、その99.6%が厳選した天然由来成分。毛穴の奥に浸透させるべき32成分をナノ化した、女性専用の薬用育毛剤です。頭皮表面の保湿だけでなく、すみずみまで栄養成分を行き渡らせて頭皮環境を整えることができます。定期便に付いてくるノンシリコンのベルタ頭皮クレンジングジェルも大人気!」頭皮環境を整えて毛髪が生えやすくする、とうたっていることがわかります。

クレンジングの効果については別の記事でもご紹介していますので、そちらをご覧いただければと思います。

売りはこだわりの育毛・頭皮ケア成分とのこと

ベルタの育毛剤の特徴には以下のものがあるとホームページでは紹介されています。

①業界最大級の育毛・頭皮ケア成分配合(こちらについては後で詳しく触れます)
②32成分のナノ化(超微粒子化)に成功!
③天然由来成分53種類で無添加
④糖化して硬くなったエイジングケア
⑤30日間の全額返金保証
⑥商品開発スタッフによるお客様サポート

⑤、⑥については良心的だなということでいいかと思います。

①は、業界最大級56種類の成分を配合し、育毛・頭皮ケア成分を99.9%の超濃密配合をし、3種類の育毛有効成分を入れているとのことです。

56種類成分があって、育毛に有効に働くものは3種類だけって他の53種類は何のために入れてるんだろう…
99.9%の超濃密配合と言っても不純物の割合が高いって化合物としてよろしくないから純度が高いのはまぁ当たり前だし…
「3種類の育毛有効成分」とやらは本当に科学的に有効なことが示されているのだろうか…

などの疑問が沸き起こってきます。
本サイトは「科学的エビデンスに基づいているのかどうかの検証」がメインですので、①の3種類の有効成分についてだけ、後程詳しく取り上げたいと思います。

毎月の負担額は?

ちなみに効果はひとまず置いておいて、気になるお値段はいかほどなのでしょう。

定期便と単品で申し込めるかのようなページの作りだったのですが、単品申し込みを選ぼうとすると定期便がお得ということを前面に押し出して定期便パックしか選択できないようになっていました。笑

通常定期便パック(1回のお届けで1か月分)だと、育毛剤とクレンジングがついてきます。
初回は3980円(税抜)、2か月目から4980円(税抜)で3回以上は受け取らないといけないとのことです。

要するに13940円(税抜)の支出は必須ということですね。

有効とされている成分の検証方法って!?

育毛剤の評価が難しい点として、保湿により肌の状態が改善すればある程度はかゆみやふけ対策にはなるでしょうし、育毛効果も少しは期待できることがあげられます。

しかし、保湿によるメリットだけではやはり育毛有効成分を名乗るには不十分かと思いますので、本記事ではエビデンスがあるかどうかという観点で有効成分の検証をしていきます!

エビデンスについて

エビデンスは、直訳すると科学的根拠です。
医療行為において治療法を選択する際の裏付けとも言い換えられるでしょう。

こちら、かなり細かく分類されていて、1aが最も信頼度が高いもので6が最も信頼度が低いものとなります。

Level 内容
1a ランダム化比較試験のメタアナリシス
1b 少なくとも一つのランダム化比較試験
2a ランダム割付を伴わない同時コントロールを伴うコホート研究(前向き研究,prospective study,concurrent cohort studyなど)
2b ランダム割付を伴わない過去のコントロールを伴うコホート研究(historical cohort study,retrospective cohort studyなど)
3 ケース・コントロール研究(後ろ向き研究)
4 処置前後の比較などの前後比較,対照群を伴わない研究
5 症例報告,ケースシリーズ
6 専門家個人の意見(専門家委員会報告を含む)

 

5の症例報告などでは、1人の患者さんにおいてそうだったというだけで、違う人では同じ治療をしたとしても違う結果が得られる可能性が十分にありえます。このためエビデンスレベルとしては高くないということができます。

日本皮膚科学会による男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン

男性型脱毛症や女性型脱毛症に関する情報が錯綜し、患者さんが正しい治療薬を選択できない現状を鑑みて皮膚科学会が発表したこちらのガイドライン。
AからDまでの推奨度で治療法が分類されています。

A:行うよう強く勧める(少なくとも1つの有効性を示すレベル1もしくは良質のレベル2のエビデンスがあること)
B:行うよう勧める(少なくとも1 つ以上の有効性を示す質の劣るレベル2か良質のレベル3,あるいは非常に良質の4のエビデンスがあること)
C1:行ってもよい(質の劣る3~4,良質な複数の5,あるいは委員会が認める6のエビデンスがある)
C2:行わない方がよい(有効のエビデンスがない,あるいは無効であるエビデンスがある)
D:行うべきではない(無効あるいは有害であることを示す良質のエビデンスがある)

エビデンスレベルと推奨度という二つの観点から、ベルタ育毛剤で有効成分とされている物質が本当に有効なのか見ていきましょう。

ベルタ育毛剤の有効成分

ホームページによると、ベルタ育毛剤の主な効果・効能は「育毛、養毛、薄毛、毛生促進、発毛促進、脱毛の予防、かゆみ、ふけ、病後の脱毛、産後の脱毛」とのことです。

また、育毛有効成分としてセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸トコフェロールの3つを上げています。

センブリエキス

まずはセンブリエキスです。
センブリエキス(swertia japonica)と育毛についてpubmedという医学・生物系論文最大級検索エンジンで調べたところ、センブリエキスに育毛効果があるとする論文は見つかりませんでした。

服用した場合どうやら肝臓脾臓の保護作用があるようですが、国際学術界的には育毛効果については確かめられていないというのが現状のようです。

センブリエキスに含まれる物質について抗炎症作用や血流改善作用があると主張している日本語のサイトは多数見つけることができましたが、これらの根拠は特に確認できませんでした。

また、皮膚科学会ガイドラインにもセンブリエキスについては一切記述がないことから、現状効果が保証されているものとは言えなさそうです。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウム(glycyrrhizinate dipotassium)と育毛について同上のサイトで検索したところ、こちらも育毛効果があるとする論文は見つかりませんでした。

エビデンスレベルは低いものの、逆に発毛を抑制する効果が認められたとしている論文などもあったくらいです3)。

グリチルリチン酸ジカリウムは甘草という漢方に含まれる成分で、甘草には抗炎症作用があるため頭皮のコンディションを整えるのによいという発想になったのかと推測されます。
が、漢方は様々な成分が相互作用することで効果を発揮するものなので、単独の成分をとってきてもその漢方がしていた作用を示すとは限りません。

国際学術界的にはグリチルリチン酸ジカリウムの育毛効果に関するエビデンスは特にない、皮膚科学会ガイドラインにも記載はないというのが現状のようです。

これだけ情報が弱いと育毛に有効とは判断できないですね。。

酢酸トコフェロール

最後、酢酸トコフェロールについてです。
結論からさくっと申し上げますと、酢酸トコフェロールについても育毛との関係を示すエビデンスレベルの高い報告はありませんでした。また、皮膚科学会ガイドラインにも特に記載はありませんでした。

酢酸トコフェロールはビタミンEの誘導体です。
肌の状態を健やかに保つために必要な成分ではあるので、有るに越したことはないのでしょう。しかし、育毛に有効とまで断言することは現状のエビデンスレベルや推奨度からは難しいかと思います。

まとめ

以上、ベルタの育毛剤についてベルタという会社から有効成分の判定方法、有効成分の検証を通じて解説してきました。

ベルタの育毛剤は保湿成分などを含みますので、頭皮のコンディションを改善することで育毛を促す効果がある可能性はあります。

しかし、育毛有効成分として挙げられているセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸トコフェロールなどについては育毛効果があると高いエビデンスレベルで認められたものはありませんでした
髪の悩みでお困りの方の何かと助けになれば幸いです。

本気で髪の悩みを解決したいという方はこちらの記事をチェックしてみてください!

参考文献
BELTA公式ホームページ(https://belta-shop.jp/)
株式会社ビーボ公式ホームページ(http://bbo.co.jp/bbo)
Chayanin K. et al., Glycyrrhizic acid attenuates stem cell-like phenotypes of human dermal papilla cells, Phytomedicine, Vol 22, Issue 14, 2015, pp. 1269-1278, ISSN 0944-7113, https://doi.org/10.1016/j.phymed.2015.11.002.

関連記事

ページ上部へ戻る