かぶるだけで発毛? 育毛キャップ「カピラス」の効果とヘアマックスとの比較

2017年より日本で一般販売が開始された、新しいキャップ型・低出力レーザー育毛機「カピラス」。”かぶるだけで髪が生える”という夢のような商品で、最近では多くの雑誌等メディアで紹介され話題となっています。

でも……かぶるだけで髪が生えるなんて、にわかには信じがたいですよね。そこで医師の私が、科学的な情報に基づき「カピラス」の効果を解説。また、すでに国内認知度の高い「ヘアマックス」とも比較し説明します。誤った情報に惑わされないように、現役医師が解説する正しい情報をぜひご覧ください!

今話題の「カピラス(Capillus)」とは?

Point1. 低出力レーザーで発毛促進させる育毛機器

カピラスは頭皮に低出力レーザー(650nm)を照射することで、発毛を促す育毛機器です。650nmの低出力レーザーを頭皮に照射すると、体内のミトコンドリアを活性化させ、細胞の成長を促進するATP(アデノシン3リン酸)を大量に生成します

毛髪を生成する毛母細胞を活性化し、髪の成長を止めた休止期の毛根を成長期へと変化させるため、育毛効果に繋がるのです。ちなみに、650nmのレーザーが育毛効果があることについては、臨床試験にて実証されています。

Point2. FDA(アメリカ食品医薬品局)認証の医療用製品

カピラスはFDAから510(K)を取得している育毛機です。(2015年認証)FDAは日本でいう厚生労働省にあたる機関で、510(K)とはアメリカで医療機器を販売する際に必要となる認可のことを指します。

すでに米国内で販売されている医療機器と比較して審査され、カピラスは機器の安全性と育毛効果の両面で認証されています。

Point3. 2018年は数多くのメディア掲載で話題に

2017年に国内での一般販売が開始されたカピラス。販売年である昨年のメディア掲載数はさほど多くなかったものの、18年に入り、雑誌やTV番組などで取り上げられる機会が多くなりました。読売テレビの『マヨなか芸人』や雑誌『Men’s Club』など、徐々に認知度は拡大。今後も様々なメディアで取り上げられることが予想されます。

・2018年に紹介されたメディア(一部)
『マヨなか芸人』(読売テレビ)
『Men’s Club』(男たちが習慣にすべき美容術)
『からだにいいこと』(1月号・2月号)
『Mono マガジン』( 35周年記念号 新製品から時代を読む)
『CLASSY』(この夏注目のコスメ&アイテムリスト)

「ヘアマックス(Hair Max)」とは?

では次にカピラスと並んで代表的な低出力レーザー育毛機であるヘアマックスにはどんな商品があるのか見てみましょう。

ラインナップ

ヘアマックスにはいくつかの種類の機器があります。今回は代表的な3種類の機器をご紹介します。

レーザーバンド82

商品名 レーザーバンド82
レーザー数 82個
使用時間 90秒
バッテリー内臓 有り
本体の重量 428g
価格 108,900円

バンド型の特徴をもつ低出力レーザー育毛機がヘアマックス「レーザーバンド82」です。人間工学に基づくコードレスデザインで、高密度の全82個のレーザーモジュール(照射口)を搭載しています。

ウルティマ12

商品名 ウルティマ12
レーザー数 12個
使用時間 8分
バッテリー内臓 有り
本体の重量 170g
価格 71,400円

ヘアブラシのようなデザインが特徴の低出力レーザー育毛機がヘアマックス「ウルティマ12」です。コンパクトなため、ピンポイントへの照射に最適な商品です。

プリマ9

商品名 プリマ9
レーザー数 9個
使用時間 11分
バッテリー内臓 有り
本体の重量 149g
価格 38,400円

3商品のなかでもっともお手頃価格なのがヘアマックス「プリマ9」です。4秒ごとに鳴るビープ音にあわせて照射場所を移動させ、11分かけて頭皮全体にレーザーを照射します。

カピラスで本当に髪が生えるの? 気になる育毛効果を解説

臨床試験で育毛効果は確認されている

それでは、もっとも読者の皆さまが気になるカピラスの育毛効果について解説していきます。私が調べてみると、カピラスは製造・販売元のCapillus,LLCにより、2017年に育毛効果を測る臨床試験が行なわれています。

試験ではカピラスの育毛効果を正しく検証するために、カピラスと対象薬(プラセボ)となる育毛効果をもたらさない機器の2つを用いて実施。女性22名ずつをプラセボ群とカピラス272群に分けて、1日おき(2日に1回)30分ずつ照射してテストを行ないました。

その結果、試験開始から16週間後に効果を測定したところ、カピラスを使用した被験者は、頭皮2.5平方cm内で毛髪が50.9%増加。本数に換算すると、189.3本から268.3本(89.9本)に増加しました(1平方cmあたり14.38本増加)この臨床試験の結果を見る限り、女性にはカラピスは育毛効果があるものと考えられます。

※参考:A Novel Approach to Treating Androgenetic Alopecia in Females With Low Level Laser Therapy

カピラスのメリット

1. 頭皮全体にムラなくレーザーを照射できる

1点目のカピラスのメリットは、キャップ型の育毛器であるため、帽子をかぶるように装着するだけで、前後左右ムラなく頭皮全体にレーザーを照射できることです。
ヘアマックスはバンド型もしくはクシ型なので、自分で動かして頭皮の気になる部分にレーザーを当てないといけません。しかし、カピラスは帽子型なので、自分で動かさなくとも頭皮全体にレーザーを照射することができるのです。

2. レーザー数が多い

2点目のカピラスのメリットは、レーザーモジュール(照射口)の数が多いことです。全4種類「Capillus 82」「Capillus 202」「Capillus 272」「Capillus RX 312」と他社が取り扱う低出力レーザー育毛機を比較すると、個数が多いことが分かります。

商品名レーザーモジュール数価格(税込)
Capillus RX 312312個481,680円
Capillus 272 PRO272個397,224円
Capillus 202202個260,280円
Capillus 8282個117,720円
ヘアマックス「レーザーバンド82」82個108,900円
ヘアマックス 「ウルティマ12」12個71,400円
ヘアマックス「プリマ9」9個38,400円
セラドーム(Theradome LH80 Pro)80個117,720円
ヘアレーザーX515個75,800円
アデランス ヘアリプロLEDプレミア80個145,800円

3. ハンズフリーで治療できる

3点目のカピラスのメリットは、治療がハンズフリーで行なえることです。カピラスはキャップ型であるため、頭にかぶるだけでよく、別の作業をしながらでも薄毛治療を進めることができます。対してヘアマックスはバンド型もしくはクシ型なので一定時間ごとに自分で動かさなければいけません。
ただし、カピラスは1日30分使用しなければいけないのに対し、例えばヘアマックスのレーザーバンド82では1日90秒の使用で大丈夫です。
30分間をハンズフリーで過ごすか、90秒間(30秒毎に動かして)の照射で済ませるかの違いと言えるでしょう。

4. 副作用がない

薄毛治療法として有名なフィナステリドやミノキシジルは、発症確率は極めて低いものの、副作用の可能性がゼロではありません。一方で、カピラスをはじめ低出力レーザー育毛機器による治療では、副作用の危険性がないため、安心して薄毛治療を行なうことができます。

カピラスのデメリット

1. 髪の上から照射しなければならない

カピラスには、ヘアマックスに付属している「クシ」がついていません。そのため、治療時にレーザーを遮る恐れのある毛髪をかき分けることができず、部位によっては適切にレーザー照射が行なわれない可能性があります。髪の毛の多さによっては十分に頭皮にレーザーが照射されず、照射量にムラができる可能性があるのです。

2. レーザーの密度が高くない

レーザー数は多いカピラスですが、レーザーの密度で考えるとヘアマックスに劣ります。なぜなら、ヘアマックスは「バンド型」で、カピラスは「キャップ型」であるため、同じ面積あたりのレーザー数で換算すると、ヘアマックスのほうが高密度にレーザー照射が可能であるからです。
ヘアマックスのレーザーバンド82が頭皮の約3分の一を覆う面積を持ちますので、その密度に匹敵するためにはキャップ型に換算すると82 × 3 = 246個のレーザーが必要なことになります。

3. 価格が高い

カピラスは他の低出力レーザー育毛機器と比べると、価格は高い傾向にあります。最安値である「Capillus 82」であっても11万円以上してしまうので、経済的負担は高いと考えられます。

商品名レーザーモジュール数価格(税込)
Capillus RX 312312個481,680円
Capillus 272 PRO272個397,224円
Capillus 202202個260,280円
Capillus 8282個117,720円
ヘアマックス「レーザーバンド82」82個108,900円
ヘアマックス 「ウルティマ12」12個71,400円
ヘアマックス「プリマ9」9個38,400円
セラドーム(Theradome LH80 Pro)80個117,720円
ヘアレーザーX515個75,800円
アデランス ヘアリプロLEDプレミア80個145,800円

4. 女性にしか臨床試験が行なわれていない

おそらく男性にも育毛効果があると考えられますが、臨床試験では”女性のみが被験者となり”検証が行なわれていました
つまり厳密には男性への育毛効果は検討されていないのです。
もちろん同じ650nmの低出力レーザーを用いたヘアマックスで男性の臨床試験が行われているので、カピラスにも同様に男性にも育毛効果がある可能性は高いと思います。

つまりはカピラスとヘアマックスのどちらを使うべきか?

育毛効果はヘアマックスの方が上?

ヘアマックスの効果を検証した臨床試験は複数ありますが、記事では2014年4月に公開されたマイアミ大学医学部皮膚科および皮膚外科が行なった臨床試験結果をご紹介します。

臨床試験ではヘアマックスと育毛効果のない偽の機器を用いて、ダブルブラインドテストを実施。薄毛に悩む男性128名と女性141名をランダムにヘアマックスと偽の機器に分け、週3回のペースで26週間治療行為を行ないました。

26週間後、結果として男性で1平方cmあたり平均25.7本女性で1平方cmあたり平均20.6本の毛髪の増加が確認されました(カピラスの臨床試験では1平方cmあたり14.38本増加)。もちろん、このヘアマックスの臨床試験と上述したカピラスの臨床試験とでは、被験者が異なるので単純な比較はできません。

しかし、臨床試験の結果だけで考えると、カピラスよりもヘアマックスのほうが育毛効果があるように見てとれます(正確な比較ではないので、事実ではなくあくまで意見です)今後、カピラスの臨床試験も拡大していくと予想されますので、今後の研究によって正確な比較結果が出ることがを期待したいですね。

※参考:Efficacy and safety of a low-level laser device in the treatment of male and female pattern hair loss: a multicenter, randomized, sham device-controlled, double-blind study.

【結論】現時点ではヘアマックス使用が安全策

このようにカピラスは臨床試験の数が現時点では残念ながら少ないため、医学的な見知からみて、男女ともに育毛効果があると断言しにくい育毛機器です。

もちろん、先ほど述べたように今後の研究が進むなかで、AGA(男性型脱毛症)にもFAGA(女性男性型脱毛症)にも効果が等しくあることが証明される可能性はありますが、現時点ではヘアマックスを使用されるほうが確実な育毛効果が得られると私は考えています

経済的な面を比較してみても、ヘアマックスのほうがお安くなっておりますので、その点も個人に優しいのではないかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。記事では、今話題のキャップ型・低出力レーザー育毛機器「カピラス」の効果と、「ヘアマックス」との比較についてご説明してきました。

公開されている臨床試験の結果から考えると、現時点ではまだヘアマックスのほうが信頼のおける育毛機器であると私は考えています。

しかし、本文でも触れましたが、今後の研究の進歩によって、カピラスの育毛効果がヘアマックスと同様に証明されることももちろん予想されます。

現時点の情報を今後もずっと信頼するのではなく、常に最新の情報を得る姿勢が大事です。その点を意識しながら、薄毛治療法をお選びください!

▼ヘアマックスの効果をチェックする

Dr.ぎょっち

投稿者プロフィール

2013年千葉大学医学部卒。東京大学医学部附属病院にて2年間の初期研修を修了後、2015年より都内のAGAクリニックにて発毛治療に従事する。科学的手法に基づいて、500名以上の患者の髪を生やしてきた。「薄毛で悩む多くの人に、発毛の喜びを届ける」ことをモットーに、2017年よりMEDitor.jpを運営している。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る