【よくわかる】デュタステリドのジェネリック医薬品まとめ

政府公認AGA治療薬のザガーロ

プロペシアよりも効果が高い可能性があるということで、服用を決めた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしこちらの薬、1日1回を継続して飲み続けなければ効果が出ないもの。

毎日のこととなると、販売価格―コストも気になってきますよね。

いくら効果があるといっても、あまりに高いと結局継続して使用することができず、少しだけ服用して効果が出る前にやめざるをえないといったことにもなりかねないですよね。

そんなことにならないよう、今回はデュタステリドにかかる費用をご紹介したいと思います。

ぜひ服用開始前に目を通してください!

デュタステリドって何??ザガーロって何?

デュタステリドとは

デュタステリドは日本で承認されているAGA(男性型脱毛症)治療に使われるお薬ザガーロの有効成分です。

ザガーロはイギリスに本部のある国際的製薬企業であるグラクソ・スミスクライン株式会社が製造・販売している0.1㎎もしくは0.5mgのカプセルで、1日1回1錠を経口で摂取します。

(ちなみに、デュタステリドはもともと前立腺肥大症のお薬でした。しかし、前立腺肥大症治療に使われているうちに、AGAにも効くのではというデータが出てきました。)

今ではAGA治療効果が科学的に認められ、2015年に日本でもAGA治療のお薬として使用することが許可されました。

デュタステリドの作用

毛髪の成長を促し、おでこの生え際あたりも含む頭皮全域から毛髪が失われるのを防ぐ作用があります。

今の所、フィナステリドと並んで、最も代表的なAGA治療薬のひとつです。

フィナステリドよりも強い男性ホルモン阻害効果があるので、より発毛効果が高いのではないかと期待されています!

デュタステリドが働く仕組み

デュタステリドは、1型及び2型5αリダクターゼと呼ばれる酵素の阻害剤です。

この5αリダクターゼは毛包でテストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)へと変換します。

DHTは頭皮の毛包を萎縮させ、だんだんと毛髪を細く弱いものにしていき、最終的には毛包から毛髪が出ないようにしてしまいます。

デュタステリドは、テストステロンがDHTに変換されるのを阻害しDHT産生を抑えることで、この脱毛の過程を食い止め、通常の毛髪の成長を促します。

承認薬ザガーロを手に入れるには

ザガーロには定価がない

まず、国内で承認されているという安心感があるAGA治療薬のザガーロを手に入れるにはどうしたらいいのか見ていきましょう。

ザガーロは承認薬とはいえ保険適用の医薬品ではないので定価というものがありません。

ザガーロはドラッグストアでは売っていない

また、ザガーロはその辺のドラッグストアで買うことはできません。

一般市販薬ではなく、医師による処方があって初めて買うことができる医療用医薬品であるというのがその理由です。

花粉症の薬などでもそうですが、「多少飲みすぎたりしても体に害が出ないような安全だけれどもやや効果の低い薬」しかドラッグストアでは買うことができないのです。

もっとも、医療用医薬品であるということはそれだけ効果が強いということでもあります。

ザガーロはAGA治療を取り扱っている医院で処方される

ザガーロは医院に行かないと買えないのですが、保険適用ではないため、医院ごとに自由に値段を付けて販売してよいことになっています。

現在のところ、ザガーロはだいたい30日分で1万2千円~1万3千円で販売されていることが多いようです。

1か月で1万2千円というのは決して安くないですよね。

医院によっては8千円ほどで販売しているところもあるようです。

ザガーロを服用したいと考えている方は、何件かAGA治療を取り扱っている医院に電話をするなどして、値段をリサーチしてからかかる医院を決めてみてもいいかもしれません。

ザガーロを個人輸入で買うことはできるのか?

国内のドラッグストアで安くザガーロを買ったりすることができないのはここまでのご説明でご納得いただけたかと思います。

では、ザガーロを海外から直接個人輸入という形で購入することは可能なのでしょうか。

2018年4月現在、ザガーロは個人輸入で購入することはできないようです。

しかし、ザガーロの有効成分であるデュタステリド0.5㎎がそのまま配合されているジェネリック薬品は販売されています。

次の章からデュタステリドのジェネリック薬品についてご紹介していきます!

もっと安くザガーロ同様の効果を得たい!

1か月で1万円なんてとてもじゃないけど厳しいという方には、ジェネリックという選択があります。

ザガーロと同じデュタステリド0.5㎎が配合された薬を紹介します!

製品名 会社名 販売価格
デュタス Dr.Reddy’s Laboratories,Ltd. 12808円/300錠
ベルトリド Intas Pharmaceuticals Ltd. 4800円/100錠
アボダート GlaxoSmithKline 3307円/30錠
デュプロスト Cipla 5273円/100錠

 

安いものでは1錠40円ほどで、ザガーロ同様の効果が得られるようです。

ザガーロが1錠400円以上かかることを考えると、約10分の1の価格でかなりお得に購入できることが分かります。

おすすめはこちらのデュタステリド(デュタボルブ)0.5mg
デュタステリドを0.5mg配合し、発毛効果が科学的にしっかり検証されているお薬になります。
そして30錠で¥2052という圧倒的安さ!
もう試さない手はないでしょう。

個人輸入の注意点

日本で承認されているザガーロに関しては、製品の安全性が確認されており、もし副作用が起こった際には保証を受けることができます。

高いのは安心料と言い換えることができるかもしれません。

一方、ジェネリックの製品を個人輸入で購入するというのは、国に認められているわけではない薬を自己責任で勝手に飲むということになります。

ジェネリックに常に付きまとう問題ですが、有効成分は全く同じでも、製造される工程や製造場所の衛生状態、科学技術の高低、不純物の有無など細かい部分の違いにより安全性が変わってくる可能性というのはなくはありません。

また、承認薬とジェネリックのどちらを飲んでも起こる副作用だったとしても、承認薬の場合には保証がありますが個人輸入で飲んだジェネリックの場合には保証されないということになります。

こうした注意点をしっかり理解したうえで、費用対効果を判断していただけたらと思います。

まとめ

ここまで読んでいただいて、デュタステリドのジェネリックについてご理解いただけましたでしょうか。

医院で処方してもらうザガーロは定期的に医師に診てもらうこともあり安心感はありますが、いかんせん高額です。

費用を抑え同様の効果を狙っていくにはジェネリックをうまく使うのもいいかもしれません。

とはいえ、ジェネリックのお薬はどれも海外から個人輸入して自己責任で使うものとなります。用法容量をきちんと守ること、副作用の保証がないことに気を付けることなどは特に意識してご使用ください!

【参考文献】
ザガーロの添付文書https://www.healthgsk.jp/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/products-info/zagallo/zagallo.pdf
https://jp.gsk.com/

関連記事

ページ上部へ戻る