【医師監修】フィナステリドでグングン発毛!効果と副作用

薄毛に悩むあなた、効果的な薄毛対策をしていますか?
薄毛というのはもはや国民病ともいえるべき病気です。
「薄毛は病気なの?」
と思うかもしれませんが、薄毛のほとんどはAGA(男性型脱毛症)という病名のついた脱毛症です。

現在では治療に効果的な薬が発売されています。
それがフィナステリドです。

フィナステリドは男性型脱毛症に驚くべき効果が認められた成分です。
今までの効果の薄かった脱毛予防や対策と違い、
確実に脱毛を防ぐ効果が認められた「医薬品」です。

今回はそんな薄毛に悩む方の救世主ともいえる成分、フィナステリドについてご説明します。

フィナステリドとは


フィナステリドはもともと前立腺肥大や前立腺がんの治療薬としてアメリカで開発された成分です。
その働きは5αリダクターゼⅡ型という酵素の働きを阻害して前立腺肥大症や前立腺がんなどを治療します。
このようにもともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療目的でしたが、この5αリダクターゼⅡ型を阻害するという働きがそのまま抜け毛予防効果をもたらすことが分かり、脱毛予防薬として転用されました。

フィナステリドの作用

ではなぜ5αリダクターゼⅡ型を阻害する働きが抜け毛予防になるのでしょうか。

AGA(男性型脱毛症)とは?

そもそもAGAとは男性ホルモンであるテストステロンという物質と、先ほどの5αリダクターゼという酵素が結びついてできるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が原因で引き起こされる病気です。
このDHT濃度が高くなると髪の毛の成長サイクルが阻害されてしまうのです。

髪の毛は本来「成長」「退行」「休止」の3つのステップを2-6年ほどかけて繰り返します。
つまり私たちの毛髪は2-6年ですべて生え変わる計算です。
ですが、DHTによって成長サイクルが阻害されるとこの2-6年のサイクルがわずか半年程度になってしまいます
そうすると、生えそろうよりも抜け落ちるほうが早くなり、結果的に髪の毛が薄くなってしまうのです。

フィナステリドがDHTの発生を抑える

そこでフィナステリドによって5αリダクターゼⅡ型の働きを阻害します。
すると男性ホルモン・テストステロンは5αリダクターゼと結びつくことができず、薄毛の原因物質DHTが発生しないのです。

服用を続けると髪の成長サイクルは徐々に元の2-6年サイクルに戻るためやがて薄毛が改善します。
毛根が完全に死滅していなければ完全に抜け落ちた毛穴からもやがて発毛が認められるようにもなります。

フィナステリドの効果


では一体、フィナステリドにはどのような効果があるのでしょうか?

フィナステリドで87.1%の薄毛が改善した

フィナステリドは脱毛を予防することによって結果的に髪の毛の量を増やす成分です。
発毛成分と勘違いされやすいのですが、正しくは「発毛促進成分」ではなく「抜け毛予防成分」です。
ただし、フィナステリドを使用することで、結果的に毛量は増え、見た目も改善することがわかっています。

2561人の日本人を対象にした臨床データでは
フィナステリド1mgを平均458日服用した人のうち、87.1%の薄毛が改善したと報告されています。↓
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21980923

早く始めた方がよく効く

さらに、いくつかの実験により、フィナステリドによる治療は早く開始した方がよく効くことがわかっています。↓
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18363752
もし髪の毛が気になったら、薄毛が進行する前に治療を開始するのがセオリーです!

ミノキシジルと組み合わせるとさらに生える

さらに、発毛薬であるミノキシジルと組み合わせるとよりさらに効果があることがわかっています。↓
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12227482
こちらの実験では、ミノキシジル単独もしくは、フィナステリド単独よりも、フィナステリドとミノキシジルの組み合わせの方が効果が高かったことが示されています。
さらにケトコナゾールという抗菌薬を含むシャンプーを組み合わせると効果が高かったことも示されています。

フィナステリドの副作用

副作用の種類

基本的に副作用の少ない安全な成分ですが、それでも体に作用する以上どうしても避けられない副作用はあります。
その副作用の内訳ですが、添付文書には以下が報告されています。

・1-5%未満
性欲減退

・1%未満
勃起機能不全
射精障害
精液量減少

・頻度不明(極めてまれ)
睾丸痛
精液の質低下
抑うつ
乳房圧痛
蕁麻疹
肝機能障害

男性機能低下について

頻度がやや多いのが、性欲減退や勃起障害などの男性機能の低下に関わる副作用です。
これらは、フィナステリドが男性ホルモンを抑制することに関係があると思われますが、実はそのメカニズムはまだはっきりとはわかっていません。

ただ、薬を続けていくうちに男性機能が回復していくという報告もあり、
また、薬をやめると機能は回復するというのが一般的な理解です。
もちろん注意しなければいけない副作用であることには変わりないのですが、過度に心配する必要はないと思われます。

ちなみにこれらの副作用は、ザガーロ(デュタステリド)と比較して変わりはないと言われています。
もし、何か副作用がでることがあったら、医師に相談するようにしましょう。

ちなみに海外のサイトですが、フィナステリド(プロペシア)の副作用の情報サイトがこちらです↓
http://www.propeciahelp.com

フィナステリドの使い方


フィナステリドの使い方ですが、錠剤を1日1回1錠服用するだけです。
1日の上限は1mgまでです。

フィナステリドは「飲み続ける」ことによって効果を発揮する成分ですので決められた量を継続的に飲むようにしましょう。

フィナステリドの女性への効果

なお、フィナステリドは男性用の薬です。
近年、海外ではフィナステリドの女性への発毛効果が報告されています。↓
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25382509
女性のFAGA(女性の男性型脱毛症)にも発毛作用があることが示されているのです。

しかしながら、フィナステリドは女性の体内の胎児に対して催奇性(胎内で奇形を促す効果)という重篤な障害の可能性を高めます。
妊娠中、もしくは妊娠の可能性のある女性は絶対に服用してはいけません。
そういった背景もあって、残念ながら日本では女性の服用は認められていません。
今後も安全性に関するさらなる研究が待たれます。

発毛までの期間

最低でも6ヶ月はかかる

フィナステリドは服用し続けることによって効果を発揮します。
従って最低でも6ヶ月は服用を続ける必要があります。

服用期間が長い方が発毛効果が高いことが示されています↓
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21980923

また、プロペシアの添付文書では12週(3ヶ月)〜24週(6ヶ月)で効果が表れています。

このように、フィナステリドは最低でも6ヶ月、できれば1~2年間は服用を続ける必要があります。

フィナステリド配合薬の種類

プロペシア

フィナステリド配合のAGA改善薬と言えばこのプロペシアです。
厚生労働省がきちんと認可している正規の薬です。
皮膚科でAGAの治療が必要と判断されると必ずこの薬が処方されます。
フィナステリドを1mg配合し、1日1錠の服用で効果を発揮します。

フィナステリド錠「ファイザー」「サワイ」「トーワ」

これらはプロペシアのジェネリック薬品で、それぞれファイザー社、サワイ社、トーワ社が作っているものです。
成分は同じで先行品のプロペシアより安く購入できるのでお得と言えるでしょう。

ザガーロ

正確にはフィナステリド配合薬ではありません。
「デュタステリド」というフィナステリドより効果の強い5αリダクターゼ阻害成分が含まれています。
フィナステリドが本来2型の5αリダクターゼしか阻害しないのに対し、デュタステリドは1型の5αリダクターゼも阻害、さらに2型αリダクターゼはフィナステリドの3倍もの阻害力を持っています。
そのため、抜け毛予防効果は非常に高い成分です。
ザガーロについてはこちらの記事も参考にしてみてください↓

プロスカー

フィナステリドを5mg配合した薬で、実はプロペシアよりも前に前立腺肥大治療薬として使われていた薬です。
プロペシアはこのプロスカーを改良しAGA予防薬にしたものです。

そのため、AGA予防ではなく前立腺肥大や前立腺がんを治療する薬ですが、フィナステリドを5mg含んでいるということから、4~5分割して服用することもできますが、オススメはしません。
均等に1mgずつには分けられませんし、そもそも薬を割って飲むこと自体が危険です。
ちゃんとAGA用に作られた薬を内服しましょう。

フィンカー

フィンカーはインドのシプラ社が発売しているプロスカーのジェネリック薬品です。
成分はプロスカーと同じですが、安価で手に入るためこちらを個人輸入してプロスカー同様分割服用している方がいるようです。

フィンペシア

こちらもインドのシプラ社が発売しています。
プロペシアのジェネリック薬品です。
もちろん成分はプロペシアと同じです。
安価で手に入ることもあり、個人輸入される方がいるようです。

フィナステリドを含む薬の購入方法

皮膚科へ受診しに行き、AGAと診断されれば処方してもらうことができます。

また、あくまで自己責任ですが、医師が処方するプロペシアより安価なジェネリックなどを輸入して購入することができます。

当サイトのおすすめはフィナステリド1mgを配合した[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mgです。
非常に安価ですし、有効成分フィナステリドを1mg配合しています。

薄毛改善にはこれ以上ないほど効果の高い成分です。
薄毛に悩んでいる方は是非服用を検討してください。

関連記事

ページ上部へ戻る