ヘアマックスは生え際にも育毛効果があるのか?

AGA(男性型脱毛症)の典型的症状は生え際(M字)の後退と、頭頂部(つむじ周辺)の薄毛です。従来のAGA治療薬(フィナステリド・プロペシア・ミノキシジル)では、生え際は頭頂部に比べると回復が弱いことがわかっています。まして、市販の育毛剤では、生え際の発毛効果はほとんど期待できないのは言うまでもないでしょう。

では、低出力レーザーを用いた育毛機器であるヘアマックスは、生え際の育毛にも効果的なのでしょうか? 部位別にみたヘアマックスの育毛効果について、検討してみましょう!

なぜ、生え際の髪は薄くなるのか?

AGAは男性ホルモンの影響でおこる

まず、AGA(男性型脱毛症)がなぜ起きるのか、について解説していきたいと思います。AGAに影響をもたらすのは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。

メカニズムとしては、血中から流れてきた男性ホルモンのテストステロンと、頭皮の毛乳頭に多く存在する還元酵素の5αリダクターゼが結びつくことによって、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンに変化してしまうのです。すると、毛周期のうち成長期が短くなり、しっかりと髪の毛が育ちきる前に毛根が萎縮し、脱毛するようになります……これがAGAに繋がるのです。

生え際がM字に後退していく理由

そもそも、薄毛は頭頂部もしくは生え際を中心に進行していきます。側頭部や後頭部から薄毛になるというケースはAGAに関しては、ほとんど存在しません。

頭頂部もしくは生え際から脱毛していく理由は、先ほども登場した5αリダクターゼが頭皮の毛乳頭に多く含まれており、男性ホルモンの一種・ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されやすいから。また、育毛を促すために必要な血流が悪くなりやすい箇所だからといわれています。

生え際はフィナステリドやミノキシジル単独では生えにくい

AGAの治療薬として一般的なものに「フィナステリド」「ミノキシジル」があります。フィナステリド(プロペシア)は、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンの生成をもたらす2型5αリダクターゼの分泌を抑える働きがあります。

ミノキシジルは国内ですと『リアップ』に配合されていることで有名な、血管拡張効果と血流増加作用のある医薬品です。使用することで、髪の成長因子の生成をもたらし、発毛を促進します。

このようにAGAに用いられるフィナステリドとミノキシジルですが、実は生え際のM字ハゲには、頭頂部と比べると効果が低いということが分かっています。
以下のフィナステリドのデータのように、生え際にも生えることは生えるのですが、頭頂部に比べると少し作用が弱いのがわかります。

加えて、ミノキシジルは血流を良くすることで発毛を促す医薬品ですので、脱毛作用そのものを抑止する効果はありません。生え際(M字ハゲ)の薄毛には、フィナステリド・ミノキシジル単体では効果が出にくいと考えられるのです。

ヘアマックスの発毛効果

ヘアマックスを使うとなぜ髪がはえてくるのか?


皆さんは、発毛効果をもたらす治療器具「ヘアマックス」をご存知でしょうか。手軽に自宅で行なえる育毛治療器具で、低出力レーザーを頭皮に照射して使用します。臨床試験でも育毛効果が実証されているヘアマックスは、どのような仕組みで発毛作用をもたらすのでしょうか。

ヘアマックスにより頭皮に低出力レーザーを照射すると、毛根部分の細胞内にある「ミトコンドリア」を活性化させ、ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要な栄養分の生成を促します。髪の毛は毛母細胞と呼ばれる細胞分裂によって、育毛が行なわれる点から、ヘアマックスが効果的なのです。

臨床試験でも効果が実証されている

ヘアマックス(低出力レーザー)に関しては臨床試験でも、その効果が実証されています。臨床試験では、低出力レーザーの育毛器と、偽の育毛器の2種類を用意し、被験者にテストしました。

被験者は男性146人、女性188人からなり、試験開始前後にミノキシジルやフィナステリドといった外薬を使っていない25歳〜60歳を対象としています。

6ヶ月間、低出力レーザーを定期的に照射し続けた結果、男女ともに、1平方cmあたり20本ほど毛髪が増加したことが、この実験から明らかになりました。

このように、フィナステリドやミノキシジルではなく、ヘアマックスのような低出力レーザー照射でも、確かな育毛効果があることが確かになっています。

※参考:Efficacy and Safety of a Low-level Laser Device in the Treatment of Male and Female Pattern Hair Loss

ヘアマックスは生え際にも効果的なのか?

生え際にも育毛効果を発揮する

ヘアマックスはAGA全般に効果があります。毛母細胞への作用は頭頂部でも生え際でも同じですから、前頭部(生え際)でも、ヘアマックスは効果があると考えられます。



こちらの症例写真のように、頭頂部だけでなく、生え際にも発毛していることがわかりますね。一度M字に後退してしまった生え際にも効果があると思われます。

ただし、AGAが進行しすぎているために、毛根がひどく萎縮してしまっている場合は、育毛効果が弱くなる可能性が高くなります。「最近、生え際が後退してきたかも」と感じ始めたら、なるべく早くヘアマックスによる治療されることに越したことはありません。

また、事前に知っておきたい点として「初期脱毛」の現象があります。ヘアマックス(低出力レーザー)による治療を開始すると、育毛サイクルが早くなるため、一時的に脱毛量が多くなります。しかし、これは治療が適切に行なえている証拠でありますから、慌てず治療を継続してくださいね。

さらに育毛効果を高めたいのならミノキシジルやフィナステリドと併用

先ほど、薄毛が進行しすぎてしまうと、ヘアマックスでは大きな育毛効果は期待できない可能性もあると説明しました。確かに、薄毛治療は”早く正しい治療をおこなうこと”がベスト。手遅れになる前の対応が大切です。

ただし、薄毛が進行していたとしても、ヘアマックスとあわせフィナステリドやミノキシジルといった医薬品と併用して治療を行なうことで、より強い育毛効果が期待できます。

ヘアマックス + フィナステリド,ミノキシジル

この組み合わせが、生え際のM字回復に最も有効な治療法だと私は考えています。

まとめ

いかがだったでしょうか。記事では、生え際の薄毛治療にはフィナステリドやミノキシジルは頭頂部に比べ効果が弱いこと。一方、ヘアマックス(低出力レーザー)は、頭頂部にも生え際にも育毛効果があることを説明してきました。

AGAに限らず、身体の病気や不調はなるべく早く治療し始めることに越したことはありません。「最近、薄毛が気になる」「両親の家系は髪が薄いので将来が心配」という方は、早めに薄毛対策を始めてみてはいかがでしょうか。

その際には、副作用もなく気軽に自宅ではじめることができるヘアマックス治療をぜひご検討してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る