ヘアマックスの使い方:効果を最大にする使用頻度は?

ヘアマックスは650nmの低出力レーザーを頭皮に直接照射することで、毛母細胞を活性化し、発毛効果を発揮するレーザー育毛機です。ヘアマックスは週に3回の頻度で、適切な時間(90秒〜11分)※1 だけ使用するようにマニュアルには記載されています。

・使い方ビデオ解説

でも……「毎日使ったらさらに高い効果が出るんじゃないの?」「もっと長い時間使ったらさらに育毛効果が高まりそう」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ヘアマックスを使って育毛効果を最大にする使用頻度、使用時間、使用方法についてご説明していきたいと思います。ヘアマックスの正しい使い方を理解して、薄毛治療を効果的に進めていきましょう。

※1:レーザーの照射時間は、ヘアマックスの種類によって異なります

ヘアマックスの効果を最大にする使い方とは

ヘアマックスを毎日使うと効果は増していくのか?

ヘアマックスの使い方マニュアルには「週3回の頻度」で使用するように、と記載されています。では、仮に毎日使ってみたら、より高い育毛効果が得られるのでしょうか。

結論から申し上げますと、週3回から毎日の使用に頻度を増やしたとしても、効果は高くなることはありません。機器によって、1回の適切な照射時間は異なりますが、頻度については週3回の使用が最適であると臨床試験で報告されています。

具体的に述べると、2014年の研究で1週間に3回の照射を行なった結果、全体の87.5%の人に育毛効果があらわれ、1平方センチメートルあたり15.8本の育毛が確認されました。

一方、2003年の研究報告ではありますが、毎日ヘアマックスを使用したところ、1平方センチメートルあたり14.2本の育毛が確認されています。同じ被験者での比較ではないので、一概に結論づけることはできませんが、週3回の照射と毎日の照射を比較しても、効果に大きな違いはないようです。そのため、ヘアマックスでは「週3回の利用」が推奨されています。

レーザーの照射時間は短くても長くてもダメ!

ヘアマックスで期待通りの育毛効果を実現するには、適切な照射時間を守ることが重要です。レーザーの照射時間が短すぎたり、または長すぎたりするとレーザーの反応が阻害され、せっかくの育毛作用を弱める恐れがあります。

このレーザーの照射時間(刺激)によって、神経機能への作用が異なる現象を「プリューゲル・アルントシュルツの刺激法則」と呼びます。
弱〜中程度の刺激は細胞を活性化させるが、強すぎる刺激は逆に成長を阻害するという法則です。

効果(図の山の高さ)を最大にするには適切なレーザーの強さ(奥方向)と照射時間(右手前方向)を保つ必要がある

ヘアマックスは機器によって使用時間が違いますので、『レーザーバンド82』は1回あたり90秒、『ウルティマ12』は1回あたり8分、『プリマ9』は1回あたり11分という使用時間を正しく守るようにしましょう。

ヘアマックス付属のクシで髪をかき分けてから使用する

他の育毛効果がある低出力レーザー機器とヘアマックスの違いとして、機器に付属されている「クシ」の存在があります。このクシは、レーザーの照射を遮る髪をかきわけることができますので、よりレーザーを頭皮に強く照射させることができます。

ヘアマックスを利用する際は、髪をかき分けてから使用しないと、頭皮に照射されるレーザーがブロックされてしまいますので、事前にかき分けることを忘れないようにしましょう。

頭皮を清潔にしてからヘアマックスを使う

育毛効果に大きな変化が生じるわけではないですが、頭皮は清潔にしてから使用したほうが、レーザーを遮るものがなくなります。使用する際は、なるべくお風呂上がりなど頭皮が清潔なときに使うようにしましょう。

また、髪が汚れている状態で使用を続けると、ヘアマックスのレーザー照射部(レーザーモジュール)が汚れてしまい、機器の損傷を進めてしまう恐れがありますので、頭皮を清潔にしてから使用する習慣をつけられることをオススメします。

ヘアマックスは機器の種類が豊富! 最も育毛効果の高い商品とは?

レーザーの数と育毛効果は関係している

ヘアマックスには『レーザーバンド82』『ウルティマ12』『プリマ9』という3種類の機器があります。3種類もあると、”どの機器がもっとも育毛効果が高いのか” 気になりますよね。

育毛効果の見分け方は、とてもに簡単! 機器に搭載されているレーザーモジュール数の多さが、育毛効果の高さをあらわしていると考えられます。
実は、レーザーモジュール数が9個と12個では、12個の方が発毛効果が高かったという研究結果があります。
レーザー数が多い方が効果が高いと単純には言い切れませんが、レーザー数が多いほうが、ムラなく高密度にレーザーを照射することができるため、より高い効果をもたらすと考えられます。

各機器の名前の末尾についている数字が、レーザー数となりますので、お選びの際に参考にするようにしてください。

ヘアマックスの適切な使用時間は機器によって違う

『レーザーバンド82』『ウルティマ12』『プリマ9』の3種類それぞれで1回あたりの使用時間は異なります。各機器の使用時間は以下となりますので、マニュアルに従い、適切に使用するようにしましょう。

名前 レーザー数 使用頻度 使用時間(1回あたり)
レーザーバンド82 82 1週間に3回 90秒間
ウルティマ12 12 1週間に3回 8分間
プリマ9 9 1週間に3回 11分間

ヘアマックスはレーザー照射ボタンを押すと、ビープ音が鳴り、照射が開始します。『レーザーバンド82』は30秒ごとにビープ音が鳴りますので、音を参考に「前頭部30秒、頭頂部30秒、後頭部30秒」で照射箇所を移動させるようにしましょう。

『ウルティマ12』『プリマ9』は4秒ごとにビープ音が鳴りますので、前頭部から髪の生え際に逆らうように、照射箇所を移動させるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか? ヘアマックスは臨床試験において、AGA(男性型脱毛症)またはFAGA(女性男性型脱毛症)に対して、育毛効果があることが実証されています

ただし、当然のことではありますが、適切な使い方を行わなければ、効果が出ないどころかマイナスの効果を引き起こす恐れもあります。今回の記事でご紹介させていただいた、正しい使用頻度、使用時間、使用方法を守り、薄毛治療にあたるようにしてください

個人差はありますが、”継続してコツコツと治療を行なう” ことで、育毛効果をもたらすことが期待されます。ぜひ薄毛にお悩みの方は、使用をご検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る