【迫真】発毛に効く食べ物なんてない!?発毛サプリを使ってはいけない理由【医師監修】

ノコギリヤシ、

亜鉛、

ビタミン、、

世の中に広がっている健康食品サプリメント

病院でもらう薬とは違って、お手軽に手に入るので、使っている方も多いのでは?

しかし、皆さんが使っている健康食品やサプリメント、実はまったく効果がないものかもしれません

それどころかあなたの体をむしばんでいるかも…

今回は発毛サプリメントについて徹底解説していきます!

ポイント
・発毛を目的とした健康食品やサプリメントは、現段階では科学的根拠が少ないものがほとんど
・有効性に疑問が残る健康食品やサプリメントを使って、お金や時間を無駄にする前に、フィナステリドミノキシジルといった日本皮膚科学会でも推奨される科学的根拠がある治療を行いましょう

発毛サプリは効果なし?

世の中にはびこる発毛サプリ

インターネットで”発毛 サプリ”と検索すると、数え切れないほど多くの健康食品やサプリメントが販売されていることがわかります。

そのようなサイトでは、巧妙な宣伝文句が使われ、薄毛や抜け毛でお悩みの方が飛びついてしまうのも無理はありません。

しかし、健康食品やサプリメントの多くは、効果があるといえるのか、現時点でははっきりとはわからないものがほとんどなのです!

ノコギリヤシはAGA治療に効果があるの?

ノコギリヤシの科学的根拠はない?

例えば、発毛を目的としたサプリに多く含まれている成分として、ノコギリヤシというものがあります。

ノコギリヤシのAGAに対する治療効果に関しては、以下の2つのような論文が報告されています*1,2。

1. A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial to Determine the Effectiveness of Botanically Derived Inhibitors of 5-α-Reductase in the Treatment of Androgenetic Alopecia

2. Comparitive effectiveness of finasteride vs serenoa repens in male androgenetic alopecia: A two year study

それぞれ見ていきましょう!

ノコギリヤシで頭皮環境改善?

1つ目の論文は、ランダムにノコギリヤシを飲む群偽薬を飲む群に分け、効果を比較したというものです。

結果はノコギリヤシを飲んだ群10人のうち6人が、頭皮環境が改善したと報告しています*1。

しかし、この結果は、被験者が10人と少なく、科学的根拠の質が高いと言えません

今後、もっと大規模な試験を行い、効果を検証していく必要があります。

この論文だけから、ノコギリヤシがAGA患者に治療効果があると言って、患者さんにお勧めすることはできません

フィナステリド vs ノコギリヤシ

また2つ目の論文はフィナステリド1mgを飲むグループと、ノコギリヤシ320mgを飲むグループに分け、効果を比較したところ、

フィナステリドのグループで68%、ノコギリヤシのグループで38%の人にAGAの改善が見られたと報告しています*2。

確かにフィナステリドには劣るけれども、ノコギリヤシにも発毛効果があるという結果でした。

しかし、フィナステリドは生え際、つむじどちらでも発毛効果を示したのに対し、ノコギリヤシはつむじ付近にしか発毛効果を示しませんでした。

論文の最後で、筆者もさらなる調査が必要だと述べています。

この論文からもノコギリヤシに、AGA患者に十分な治療効果があるとは言えません

亜鉛はAGA治療に効果があるの?

亜鉛の科学的根拠はあまりない

また発毛に良いといわれる微量元素、亜鉛を例に取ってみましょう。

亜鉛を含んだ発毛サプリは、発毛に効果あり!という宣伝文句とともにネット上で多く販売されています。

亜鉛の発毛効果を示す論文を探すと、亜鉛と他の成分が混ざったサプリメントに関しては論文が見つかります*3, 4が、亜鉛単独の摂取で発毛効果があるという論文は見つかりませんでした

それどころか、亜鉛投与により起こる副作用として、消化器症状(吐き気,腹痛),血清膵酵素(アミラーゼ,リパーゼ)上昇,銅欠乏による貧血・白血球減少,鉄欠乏性貧血が報告されています*5。

亜鉛のサプリは発毛効果があるかわからないだけでなく、飲みすぎると副作用もあるというわけです。

発毛サプリの科学的根拠の質は低い

このように、サプリメントの効果は十分に検証されておらず、その副作用に関してもあまり調べられていないというのが現状です。

日本のAGAに関するガイドラインとして、信頼のおける日本皮膚科学会のガイドラインでも、発毛に関するサプリメントに関する記述は全くありません*6。

抜け毛でお悩みの方は、わらにもすがる思いでこのようなサプリメントに手を出してしまいがちです。

そのような気持ちにつけこみ、多くの販売業者が健康食品やサプリメントを販売しています。

この記事を読んだ方はこのような販売業者に騙されないことを切に願います。

AGAの方がとるべき治療

フィナステリドとミノキシジルが科学的根拠があるAGA治療薬!

ではAGAの方がとるべき治療法は何なのでしょうか?

AGAに対して効果が科学的に実証されているものはフィナステリドミノキシジルLED/低出力レーザーなど数少ない治療だけです。

これらの治療は日本皮膚科学会のガイドラインでも、推奨されています*6。

つまり高い水準の科学的根拠がある治療法なのです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

発毛サプリや健康食品といった効果があるかわからないものに手を出し、お金や時間を無駄にする前に、科学的根拠がある治療法を行うよう強くオススメします!

ポイント
・発毛を目的とした健康食品やサプリメントは、現段階では科学的根拠が少ないものがほとんど
・有効性に疑問が残る健康食品やサプリメントを使って、お金や時間を無駄にする前に、フィナステリドミノキシジルといった日本皮膚科学会でも推奨される科学的根拠がある治療を行いましょう

HairMax for FB

【参考文献】
1) Prager N, Bickett K, French N, Marcovici G. A randomized, double-blind, placebo-controlled trial to determine the effectiveness of botanically derived inhibitors of 5-alpha-reductase in the treatment of androgenetic alopecia. Journal of alternative and complementary medicine New York, N Y. 2002;8(2):143-52.
2) Rossi A, Mari E, Scarno M, Garelli V, Maxia C, Scali E, et al. Comparitive effectiveness of finasteride vs serenoa repens in male androgenetic alopecia: A twoyear study. International Journal of Immunopathology and Pharmacology.
2012;25(4):1167-73.
3) Morganti P, Fabrizi G, James B, Bruno C. Effect of gelatin-cystine and serenoa repens extract on free radicals level and hair growth. Journal of Applied Cosmetology 1998;16(3):57-64.
4) Moers-Carpi M. Influence of nutritive factors on hair growth. [German] Nutritive Beeinflussung des Haarwachstums. Aktuelle Dermatologie. 2011;37(5):171-5.
5) 清水教一, 藤原順子, 山口之利, 大西 眞, 佐藤真理,児玉浩子,香坂隆夫,藤澤知雄,乾 あやの,玉井 浩,位田 忍, 伊藤 進, 伊藤道徳, 堀池典生, 原田 大,佐田通夫, 芳野 信, 青木継稔:本邦におけるWilson病に対する酢酸亜鉛製剤(NPC-02)の有効性と安全性に関する検討. 日本先天代謝異常学会雑誌, 2008; 24:71-80.
6) 日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版

関連記事

ページ上部へ戻る