【必ず病院へ】育毛剤で悪化する!?女性型脱毛症(FPHL)って知ってる?

男性型脱毛症(AGA)、ほとんどの方が、少なくとも聞いたことはあると思います。

今回は、ほとんど知られていない、女性型脱毛症(FPHL)について、症状から治療法まで徹底解説します!

全ての記事を医師が作成、監修するメディターならではの視点で、正しい情報をお伝えしていきます!

女性型脱毛症(FPHL)とは一体何なのか?

女性型脱毛症(FPHL)の特徴

FPHLは、Ludwig分類というものに従っておこる脱毛のことで、一般的に閉経後の成人女性、特に更年期に好発します

もっとも特徴的なことは、女性型「脱毛」症といいつつ、「脱毛」するというより、頭頂部が広い範囲で「薄毛」になる、ということです。*1,

また、年齢を重ねるにつれて罹患率が増加しており、20~29.2歳では3%ですが、70歳を超える女性では、29~38%の方が罹患していると報告されています。*2, *3, *4

女性型脱毛症(FPHL)は見分けづらい!

AGAは診断が比較的容易なのに対して、FPHLは診断しにくいことが特徴的です。

慢性休止期脱毛、慢性甲状腺炎などの全身性疾患に伴う脱毛、貧血や急激なダイエットによる脱毛、ホルモン補充療法などの治療による脱毛など、FPHLと似た症状を起こすものは数多く存在します。*1, *5

女性型脱毛症(FPHL)は育毛剤で悪化する!?

AGA用の育毛剤は絶対に使うな!

育毛剤といっても、世間一般で販売されているものの多くはAGA用の育毛剤です。

当たり前ですが、FPHLはAGAとは全く別の病気ですので、AGA用の育毛剤による効果は望めません

第一、市販の育毛剤のほとんどは、AGAに対する効果も医学的根拠が全くありません

それどころか、AGAに対して効果が確認されている、フィナステリドデュタステリドでさえも、FPHLに対して効果がない、それどころか有害かもしれないため行ってはいけない、と皮膚科医の診療ガイドラインで定められています!*1

女性型脱毛症(FPHL)にはミノキシジル!

FPHLに対して、医学的根拠に基づいた効果がほぼ間違いなく証明されているものは、現在ミノキシジルのみです。

ミノキシジルはFPHLだけでなく、AGAにも効果が確認されています。

ただ、注意してほしいのは、AGA用のミノキシジル濃度は5%であることに対して、FPHL用のミノキシジル濃度は1-2%と、使用すべき薬剤が異なることです。*1

つまり、旦那さんなどが使用しているAGA用のミノキシジルを使用してはいけない、ということです!

ミノキシジル2%配合の商品をチェック↓

女性型脱毛症(FPHL)かな?と感じたらまず病院へ!


ここまで読んでくださった方はお分かりかと思いますが、FPHLは見分けづらく、ミノキシジル以外の育毛剤で症状が悪化する可能性があります

加えて、そのミノキシジルでさえ、AGA用のものを使用してはいけないため、かなり厄介な脱毛症だといえます。

FPHLかな?と感じたら、自分で勝手に判断せずに、必ず病院へ行きましょう!

ほとんど知られていませんが、皮膚科医にはAGAやFPHLに対する診療、治療の規則が存在しています。(参考資料1)

「脱毛なんかお医者さんは取り合ってくれないだろうし…」などと思わずに、近くの皮膚科などできちんと医師の判断を仰ぎましょう!

まとめ

いかがでしたか?今回覚えておいてほしいことは5つ!

AGAとFPHLは全く別の病気!
FPHLを医師の診察なしで判断することはほぼ不可能
ほとんどの育毛剤はFPHLに無効、または悪化させる可能性がある!
FPHLに効果があるのは1-2%ミノキシジル
FPHLかな?と思ったらまず病院へ!

この5つを覚えておいてください!

繰り返しになりますが、女性型脱毛症(FPHL)の疑いがある場合は、自分で判断せずに、必ず医師の判断を仰ぎましょう

<参考資料>
*1: 日本皮膚科学会ガイドライン―男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017 年版
眞鍋求、坪井良治、板見智、長田真一、天羽康之、伊藤泰介、乾重樹、植木理恵、大山学、倉田荘太郎、幸野健、齊藤典充、佐藤明男、下村裕、中村元信、成澤寛、山㟢正視
*2: Female pattern alopecia: current perspectives.
Levy LL, Emer JJ.
*3: Incidence of female androgenetic alopecia (female pattern alopecia).
Norwood OT
*4: Hair density, hair diameter and the prevalence of female pattern hair loss.
Birch MP, Messenger JF, Messenger AG
*5: Iron deficiency in female pattern hair loss, chronic telogen effluvium, and control groups.
Olsen EA, Reed KB, Cacchio PB, Caudill L

関連記事

ページ上部へ戻る