【医師監修】女性の薄毛治療に潜む危険!フィナステリドがNGな理由とは?

最近、いろいろと話題になっている女性の薄毛治療。
現在は薬や植毛などたくさんの治療法がありますが、その中で注意しなければならない薬が1つあります。
それは「フィナステリド」。
実はこれ、女性は絶対に飲むべきではない薬なのです!
なぜ飲んではいけないのか、その秘密をまとめてみました。

フィナステリドとは?


そもそも「フィナステリド」とはどんな薬なのでしょう?

フィナステリドの役割

フィナステリドとはもともと男性の脱毛症(AGA)の治療に使われる薬です。
脱毛症、いわゆる薄毛は男性ホルモンの働きが強くなり、毛根の成長の邪魔をしてしまうことでおこるのですが、なんとフィナステリドはこの男性ホルモンの働きを弱めてくれる役目があるのです。

どんな効果があるの?

男性はフィナステリドを服用することで、多くの人が効果を感じることができます。
その効果も、脱毛の進行を遅らせることから発毛を促進することまで幅広いです。また、長期間服用するほど効果を感じやすいといわれています。さらに、男性に特有の前立腺がんのリスクを下げることでも知られています。

副作用はあるの?

フィナステリドには男性機能の低下という副作用が少数ながら報告されています。
しかし、それ以外には目立った副作用はなく、比較的安全な薬と言えるかもしれません。

フィナステリドと女性の関係


フィナステリドは男性にとってまさにローリスクハイリターンな素晴らしい薬といえます。それなのになぜ女性は服用すべきではないのでしょうか?その謎を追っていきましょう。

フィナステリドの女性への効果とは?

女性の脱毛症も男性ホルモンの働きが原因の一つといわれており、女性ホルモンが減少しホルモンバランスが崩れ始める更年期での発症が多いようです。

気になる効果についてですが、じつは今のところフィナステリドが女性に効果があるという根拠は少ないです。
効果があるとする研究や、ないとする研究の両方があり、女性への発毛効果ははっきりと証明されていません。
つまり、女性がフィナステリドを服用したとしても、治療効果はあまり期待できないでしょう

いっぽう女性への副作用は…

フィナステリドは服用したとしても、女性の体自体にはあまり問題はありません
しかし、妊婦さんに非常に大きな悪影響が起こる恐れがあるのです!
フィナステリドは男性ホルモンの働きを弱める薬と説明しましたが、お腹の中の赤ちゃん、特に男の子の生殖器官が作られるのにこの男性ホルモンがとても大事なのです。
つまり、フィナステリドを妊婦さんが服用してしまうとお腹の赤ちゃんの発達が悪くなってしまう可能性があるのです。フィナステリドは、女性にとって効果は薄いのに、場合によっては最悪の副作用をもたらしてしまう。
女性のフィナステリドの使用は控えたほうがいいでしょう。

まとめ

今回、フィナステリドと女性にまつわる謎についてまとめてみました。
フィナステリドは男性にとってはローリスクハイリターン、女性にとってはハイリスクローリターンであることが分かりましたね。

では、女性はどのような治療を行なったらよいのでしょうか?
実は、ミノキシジルLED/低出力レーザーなど、女性にも安全で効果のある治療法がいくつかあるのです!
詳しくはこちらの記事もご覧ください↓

ぜひ、参考にしてみてください!

関連記事

ページ上部へ戻る