ローションでAGA治療!カークランドの驚くべき効果とは?

皆さん、「AGA」という病気を知っていますか?AGAとは別名「男性型脱毛症」といい、いわゆる薄毛のことなんですね。この薄毛に悩まされている方は結構多いのではないでしょうか?そこで今回はこのAGAを治療できる薬を1つ紹介したいと思います。その名は「カークランド」。じつはこれ、病院でも薬局でもなく、とっても意外なところで扱われている薬なんです!

カークランドとは?


まず、カークランドとはどんな薬なのかを探っていきましょう!
「カークランド」とはカークランドシグネチャー社が発売したAGA治療薬であり、AGAの改善に有効な成分「ミノキシジル」を含む「ロゲイン」のジェネリック医薬品です。ミノキシジル?ジェネリック?ロゲイン?聞きなれない言葉がいろいろ出てきましたね(笑)1つずつ見ていくことにしましょう。

カークランドはコストコのPB!

カークランドシグネチャーはじつはあのコストコが医薬品事業の提携をしている会社であり、「カークランド」はそのコストコのPB(プライベートブランド)なのです。例えばセブンイレブンの「セブンプレミアム」、イオンの「トップバリュー」などがPBになります。

カークランドはロゲインのジェネリック

「ロゲイン」はAGAに有効な成分「ミノキシジル」を含んだ世界初の外用薬(ぬり薬)であり、カークランドはそのジェネリックになります。
ジェネリックとは簡単に言うと「もともと薬を作っていた会社の特許がきれて、どこの会社でもその薬が作れるようになった結果、ほかの会社が開発発売した薬」のことです。特徴として、開発費などが抑えられるため、非常に低価格で販売されていることなどが挙げられます。

気になる入手方法なのですが、じつはカークランドは日本で認可された薬ではないため、国内ではコストコでも買うことができず、通販や個人輸入によって入手することができます。

ミノキシジルとは?


これまでカークランドについて紹介してきましたが、その中でちらほらと出てきたワード「ミノキシジル」。この成分はいったいどんな成分なのでしょうか?

ミノキシジルの効果

髪の毛の成長サイクルの中には2つの重要な時期があり、1つを成長期、もう1つを休止期といいます。
成長期では名前の通り、毛根が成長し、髪の毛が太くかつ長くなっていきます
休止期では髪の毛の成長が止まり、抜けるのを待っているような状態になります。人の人生に例えるなら、成長期が若者時代、休止期がおじいちゃんおばあちゃん時代といったところですかね(笑)

ミノキシジルは、この成長期を長くし休止期を短くする効果があり、それによって髪の毛の成長サイクルを活発にして長くて太い髪の毛を作ることができるとされています。
まだミノキシジルの働きについてはすべてわかってはいませんが、毛根の血流を促進することで成長も促進すると考えられています。また、ミノキシジルは男性女性どちらも使用することができます

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの主な副作用として、「治療初期の休止期脱毛」が挙げられます。
え?!育毛剤なのに脱毛しちゃうの?!
と思った方もいるのではないでしょうか?

でも心配ありません!

この副作用は逆にミノキシジルが効いている証拠といっても過言ではないのです。というのも、ミノキシジルが「休止期を短くする効果」を持っているために、すでに休止期前後の段階にある髪の毛は抜けるタイミングが早くなる結果なのです。薬剤が効いていればそのあとに太い立派な髪の毛が生えてくるはずです!それでも使用してみて気になるようであれば、医師に相談してみてください。
そのほかにも、血流増進のために赤みや焼けるような感覚、かゆみなどが出ることもあります。どれも軽い症状に終わることがほとんどですが、もし心配な方がいればパッチテストを行うことをお勧めします。

ミノキシジルは危険?

効果と副作用両方の側面をもつミノキシジルですが、安全性に問題はないのでしょうか?
結論から言うと、塗り薬として使う限り問題はないといってもいいでしょう。ただし、以下の人は注意が必要です。
・ミノキシジルやプロピレンアルコールのアレルギーを持っている方
※ミノキシジルは水に溶けにくいので、通常プロピレンアルコールという成分に溶かして使われています。
・妊婦の方
※今のところ催奇形性は確認されていませんが、ごく稀に先天性障害を持った例が報告されています。
上記の方は医師に相談の上使用されるかどうか決めたほうがよいでしょう。
ミノキシジルの「飲み薬」は安全性や発毛効果が十分に検証されていないため、服用は控えた方がよいでしょう。

まとめ

今回は「カークランド」についてや、その効果について紹介しました。
カークランドに含まれる「ミノキシジル」は発毛効果のしっかりとしたお薬です!
ただ、やはり個人輸入なので、万が一のときは自己責任になってしまいますのでご注意ください。

https://www.costco.com/
http://www.rogaine.com/home.do
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK482378/
(日本皮膚科学会)男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

Dr.ぎょっち医師 AGAドクター

投稿者プロフィール

2015年から都内のAGAクリニック勤務。
いままでに500人を超える患者の髪の悩みを解決してきた。科学的に効果のある薄毛治療法をもとに、薄毛・抜け毛予防を日々研究している。

自身のブログやメルマガで、「正しくわかりやすく」をモットーに薄毛・抜け毛の予防法を伝える活動を行なっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る