【ミノキシジル】育毛剤で毛が抜ける?!初期脱毛の謎に迫る

「最近髪が薄くなってきたなあ、薬局でちょっと育毛剤買ってくるかあ~」と思っているあなた!商品を手にする前に伝えておきたいことが…。
じつは育毛剤を使い始めて初期のころになんと脱毛が進んでしまう?!という意外過ぎる事実が報告されているんです!
いったいどういうことなのでしょうか?

今回はこの「育毛剤の初期脱毛」について徹底解説していきたいと思います!

本当に育毛剤で脱毛するの?


「育毛剤で脱毛する」嘘のような話ですが、これは実際に起こりうることなんです。その原因は育毛剤の成分にあります。まずはその初期脱毛を起こしうる育毛剤について探っていきましょう。

どんな育毛剤?

使用の初期に脱毛する可能性のある育毛剤の種類は、「ミノキシジル」という成分を含んだ外用薬です。外用薬とはここでいうとぬり薬のことです。「ミノキシジル」はAGA(男性ホルモン型脱毛症)の治療に使用される薬で、このぬり薬系の育毛剤の主流な有効成分となっています。
そしてこの「ミノキシジル」こそが初期脱毛の原因なのです!「ミノキシジル」についてはのちほど詳しく紹介しますね。

塗り薬にはどんなものがあるの?

「ミノキシジル」が含まれる育毛剤にはさまざまな種類がありますが、日本で開発されたものでいえば、大正製薬が発売した「リアップ」が挙げられます。こちらの薬は日本で認可されているものなので、全国の薬局や通販などで入手することができます。

ほかにも、世界初のミノキシジル外用薬といわれる「ロゲイン」や、なんとあのコストコのPB「KIRKLAND」の薬である「カークランド」などの外国の育毛剤もあります。ただしこちらは日本でまだ認可されていないため、日本のお店では買うことができず、通販や個人輸入によって入手することができます。

 

脱毛の正体はミノキシジル!


育毛剤の使用による初期脱毛はミノキシジルが原因であることが分かりましたね。しかしなぜミノキシジルによって脱毛してしまうのでしょうか?
これはどうやらミノキシジルの働きに謎の答えがありそうです…。

ミノキシジルの働き

髪の毛には生えて抜けてのサイクルを繰り返していますが、その中に主に2つの重要な時期があることが分かっています。
1つは「成長期」この時期では毛根が大きく成長し、太く長い髪の毛が作られていきます
もう1つは「休止期」この時期では毛根の成長が止まり、抜けるのを待っているような状態になります。
ミノキシジルは、この髪の育毛サイクルの中で、「成長期」の時間を長くし、「休止期」の時間を短くする作用があるといわれています。これによって古い髪の毛がどんどん若くて強い髪へと生まれ変わりやすくなるのです!
じつは「初期の脱毛」はミノキシジルの「休止期を短くする」働きが関係しているのです!どういうことかというと、休止期が短くなると髪の毛が抜けるタイミングが早くなり、使い始めのころは、新しい髪の毛が生えてくるまでの一時的な間、脱毛が進んでしまう可能性があったのです!

正体は「休止期脱毛」!ほかの副作用は…

初期の脱毛はミノキシジルの働きによるものだったんですね!この脱毛は発毛業界では有名な副作用で、正式な名前を「休止期脱毛」といいます。
「休止期脱毛」はミノキシジルの使い始めの2-8週間ころに起こる可能性があります。

ではミノキシジルにはほかにどのような副作用があるのでしょうか?
ミノキシジルの発毛効果についてはまだ十分に解明はされていないのですが、ミノキシジルによって毛根付近の血管が広がり、血流が促進することが効果の理由の1つだとされています。この血流促進によって例えば皮膚の赤みや炎症、かゆみなどが出る可能性があります。ただし、そのほとんどが軽いものであり、一時的なものであるので、あまり心配することはありません。
しかし、なかにはミノキシジルに対してアレルギーを持っている方もいるので、もし心配な方はパッチテストを行ってみることをお勧めします。

ミノキシジルが原因じゃないかも…

育毛剤を使い始めたときの脱毛の原因はミノキシジルだと紹介しましたが、じつはほかにも意外な原因が潜んでいる可能性があります。生活習慣の乱れホルモンバランスの乱れ過度のダイエットたんぱく質や鉄分の摂取不足など、様々な原因が絡んでいる可能性があります。
8週間以上たっても、「いつまでたっても脱毛が止まらない」という方は1度お医者さんに相談してみてください!

まとめ

今回は、「育毛剤の初期脱毛」の謎について解明してみました。
初期脱毛は、ミノキシジルの使い始め2-8週間の一時的なもので、8週間を過ぎると髪の毛がどんどん生えてきますので、あまり心配しなくても大丈夫です!
初期脱毛が終わると髪の毛が生えてくるので、心配になって育毛剤をやめないようにしてください!
ただし、長く続く場合には病院で診てもらうのもいいかもしれません!

【参考文献】
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK482378/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK430848/

Dr.ぎょっち医師 AGAドクター

投稿者プロフィール

2015年から都内のAGAクリニック勤務。
いままでに500人を超える患者の髪の悩みを解決してきた。科学的に効果のある薄毛治療法をもとに、薄毛・抜け毛予防を日々研究している。

自身のブログやメルマガで、「正しくわかりやすく」をモットーに薄毛・抜け毛の予防法を伝える活動を行なっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る