プロペシアが効かなくなるはウソ?!プロペシアの耐性の真実を検証!

AGAでお悩みの方の救世主、プロペシア。
日本皮膚科学会が出している 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版では推奨度A 強く推奨するとされているAGAの第一選択薬の一つです1)。

AGA治療クリニックに行くと、まず処方されるのがこのプロペシア、もしくは塗り薬のミノキシジルですので、お使いの方も多いのではないでしょうか?

しかし、最近、ネット上で、プロペシアは長期間使うと効果が下がる?!という噂が広まっています。これホントなのでしょうか?

今回はプロペシアを長期間使ったときの、効果が下がるのは本当か?ということを科学的に検証していきます!

AGAの第一選択薬、プロペシア

プロペシアって何?

プロペシアはAGA治療薬として世界中で広く使われている飲み薬です。

プロペシアの有効成分はフィナステリドという化学物質です。これがAGAの方の発毛サイクルの改善にとても重要な役割をしています。

フィナステリドは2005年、厚生労働省の認可がおり、日本でも販売がスタートしました。当初はMSD株式会社という製薬会社が、フィナステリドを有効成分とする薬をプロペシアという名前で販売し始めたのですが、最近では、プロペシアのジェネリック医薬品(有効成分は同じであるために、ほぼ同じ効果を示す薬)が登場してきています。

ジェネリック医薬品は各製薬会社ごとにいろいろな商品名をつけて販売するため、混乱されるかもしれませんが、フィナステリドという有効成分が含まれていれば、それはプロペシアとほぼ同じ効果がある薬なのだということを覚えておいてください。

AGAはどのように発症するの?

AGAは男性ホルモンの一つであるジヒドロステロン(DHT)という物質が頭皮で働きすぎてしまい、髪の成長が抑えられることが原因で起こると言われています。

ジヒドロステロンはテストステロンという物質から作られます。ジヒドロステロンが体内で作られると、それが頭皮にはたらいて、髪が新しく生えて抜けていくまでのヘアサイクルの間隔が短くなってしまいます。これにより髪の毛がだんだんと薄くなってしまうのです。

プロペシアはジヒドロステロンをつくらせなくする!

ではこれを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?着目したのが5α-リダクターゼという酵素です!

5α-リダクターゼは、テストステロンからジヒドロステロンがつくられるのを促す酵素です。

フィナステリドはこの5α-リダクターゼのはたらきを邪魔することで体の中でつくられるジヒドロステロンの量を減らします。これにより髪の成長サイクルが正常化し、髪が生えてくるということです。

プロペシアの効果

プロペシアはAGA治療の特効薬!

プロペシアはAGA治療の特効薬といっても良いほど、効果が科学的にも検証されている薬です。 ではどれほど効果があるのか、AGAの日本人男性に対して行われた臨床試験の結果を元にご説明します2)。

この試験ではAGAの日本人男性414人をランダムに、1日1ミリグラムのフィナステリドを飲むグループ、1日0.2ミリグラムのフィナステリドを飲むグループ、偽薬を飲むグループに分け、薬を48週間、飲み続けさせました。

48週後、それぞれのグループの頭皮の状況を比較していくと、1日1ミリグラムのフィナステリドを飲むグループでは58%、1日0.2ミリグラムのフィナステリドを飲むグループでは54%、偽薬を飲むグループでは6%の人で薄毛の改善が見られました!

また別の報告ではフィナステリドを5年間、1日1ミリグラム飲み続けることで、見た目に効果があらわれた症例が99.4%という結果もあります3)。

プロペシアは飲み続けることが大事!

これらの研究の結果から言えるのは、”プロペシアは飲み続けるのが大事!”ということです。

日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版でも、AGA患者はフィナステリドを1日1mg飲むことを6ヶ月は継続し、その効果を確認することという記載があります1)。服用時間は食前、食後どちらでも構いません。

内服を中止してしまうと、6か月から9か月ほどで髪の成長が止まってしまい、ふたたび治療する前の状態に戻ってしまいます。

薬の効果にはやはり個人差があります。すぐ効果が出る人もいますし、なかなか効果が出ない人もいます。しかし、大切なことは薬を飲み続けることです。飲み続けても効果が出なかった時は、病院で医師と相談して、フィナステリド以外の治療方法も検討してみましょう。

プロペシアの耐性は本当にあるのか?!

薬が効かなくなるってどういうこと?

プロペシアは飲み続けるのが大事!ということを説明してきました。しかし最近ネット上で、プロペシアは飲み続けると効果が落ちるという噂が広まっています。これはホントなのでしょうか?

薬が効かなくなることを、薬に対する”耐性”ができたと表現します。

ではこのような耐性はプロペシアで生じるのでしょうか?それを検証した研究の結果をご紹介します。

プロペシアは10年使っても効果の減少はない!

これからご紹介するのは、フィナステリドの長期使用に対する治療効果の変化について調べるために、10年間、AGA患者を追い続けた研究です6)。

対象は男性のAGA患者118人で、まずフィナステリドを1年間、毎日服用し、その治療効果を比較しました。先ほども説明した通り、薬の効きかたには個人差がありますので、1年間の治療で効果が得られた人はそのうちの54人でした。その患者を10年間追っていくと、68%の患者で薄毛の改善効果が続いており、28%の患者では髪の成長が維持されたそうです!

この研究から言えることは、1年でフィナステリドの効果が見られた患者は、10年続けてもその効果が下がることは少ないということです!

1年フィナステリドによる治療を続けても効果があまり見られない人でも10年続けると、薄毛の改善が見られた人が40%だったそうです。効果が変わらないという人も56%いましたが、大きな副作用がなければ、1年で効果が無くても、長期の服用で効果が現れ始めるかもしれません。

しかし、この先、さらに研究が進み、10年以上続けたら耐性ができるということが示されるかもしれません。そのため、この研究からだけで確実な結論を得ることは難しいということは最後に付け加えておきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回のポイントは
・プロペシアは飲み続けることが大事!
・1年間、フィナステリドを飲み効果があった人は、10年間続けても効果が下がるということはほとんどない。

といったところです。プロペシアが効かなくなるという噂に惑わされず、毎日お薬を飲んで、AGA治療を続けていきましょう。

参考文献
1) 日本皮膚科学会 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版
2) Kawashima M, Hayashi N, Igarashi A, et al: Finasteride in the treatment of Japanese men with male pattern hair loss, Eur J Dermatol, 2004; 14: 247-254
3) Yoshitake T, Takeda A, Ohki K, et al: Five-year efficacy of finasteride in 801 Japanese men with androgenetic alopecia, J Dermatol, 2015; 42: 735-738
NEW 薬理学 改訂第 6 版 / 田中 千賀子・加藤 隆一 南江堂 2011
5) Bespalov A, Müller R, Relo AL, Hudzik T, et al: Drug Tolerance: A Known Unknown in Translational Neuroscience. Trends Pharmacol Sci. 2016 May;37(5):364-378.
6) Rossi A, Cantisani C, Scarnò M, Trucchia A, Fortuna MC, Calvieri S, et al: Finasteride, 1 mg daily administration on male androgenetic alopecia in different age groups: 10-year follow-up.Dermatol Ther. 2011 Jul-Aug;24(4):455-61

関連記事

ページ上部へ戻る