話題の育毛剤「リリィジュ」の成分や効果を徹底解説!

世の中には現在本当にたくさんの育毛剤が出回っています。

今巷で話題になっている「リリィジュ」もそんな育毛剤の1つです。

脱毛に悩んでいる方の中には、どの育毛剤を選べばいいのか分からずにさらに悩んでしまっている方も多いはず。

今回は、「リリィジュ」に含まれている有効成分やその働き、さらにはリリィジュを使用して効果は期待できるのか徹底解説します!

リリィジュとは?

まずリリィジュとはどんな育毛剤なのでしょうか?

実際にリリィジュを販売している公式サイトを覗いてみて、リリィジュが掲げる重要なポイントについてまとめてみました1)。

女性のための育毛剤

このリリィジュは“女性のために生まれた育毛剤”です。

リリィジュを開発した会社によると、女性は男性よりも皮脂の分泌量が少なく、男性よりも頭皮が乾燥しやすいのだそう。

そのため、この育毛剤は「保湿すること」に徹底的にこだわっているのが最大のポイントです。

もちろん男性にとっても保湿は超重要な要素の1つですが、一般に男性用の育毛剤には、「男性ホルモンを抑制する成分」が含まれています。

よって、男性に効かないわけではないが、女性のほうがより効きやすいとされているようです。

保湿にこだわった育毛剤

リリィジュには、保湿を効果的にもたらしてくれる成分として、「スーパーヒアルロン酸」なるものを配合しているそう。

さらには桐葉エキス桑白皮エキスなど、日本古来から使われてきた植物由来の保湿成分が配合されています。

「スーパーヒアルロン酸とはなんぞや!?」とも思いますが、残念ながらこれについて詳しい情報はリリィジュの公式サイトには掲載されていませんでした…。

保湿成分以外は?

保湿成分のほかにも、リリィジュには「ニコチン酸アミド」や「βグリチルレチン酸」「パントテニルエチルエーテル」「センブリエキス」などが含まれています。

こちらの成分については後に詳しく紹介しますが、主に皮膚炎などに使われているものが多く、抗炎症作用を持っているという特徴があります。

ニコチン酸アミドやセンブリエキスなんかは、他の育毛剤でもよく使われている成分です。

パントテニルエチルエーテルは化粧品にけっこう使用されているらしいですよ。

本当にリリィジュで育毛は期待できるのか?

リリィジュは保湿をメインテーマとした育毛剤であること、また他にも抗炎症成分を中心としていくつかの有効成分が含まれていることが分かりました。

では、それらの成分に効果は期待できるのでしょうか?

保湿成分は効く?

ヒアルロン酸に関しては、数々の化粧品に使われていますし、科学的にも保湿に有用なことは認められています

ただ、桐葉エキスや桑白皮エキスに関しては、保湿効果があることを示す研究はありませんでした

まあかなりマイナーな植物由来エキスなので、仕方がないところもありますが…。

なので保湿効果については、「ヒアルロン酸を配合した一般的な化粧品」と同なじくらいにあると言ったところだと思います。

他の有効成分は?

リリィジュに含まれている「ニコチン酸アミド」は類天疱瘡皮膚炎といった皮膚の疾患に使われることもありますが、育毛に関しては特に有効という研究データはありませんでした2)。

βグリチルレチン酸」もワセリンの中に配合することで、アトピー性皮膚炎の治療に補助的に使われることがあるそうです。また、この成分は抗炎症作用を持つとされています3)4)。

パントテニルエチルエーテル」はビタミンB群の誘導体で、様々な化粧品に使われています5)6)。

ビタミンBは細胞の代謝に大きくかかわる物質なので、それを頭皮に塗って効果を出そうというところでしょうか?これに関しても育毛との関係は特にありませんでした。

センブリエキス」は胃腸薬の有効成分として古来から漢方で使われていますが、残念ながら、これに関しても育毛との関係は認められませんでした7)。

リリィジュは化粧水?

今までの紹介から、じつはこのリリィジュ、ほぼ保湿成分や抗炎症成分で主に構成されている育毛剤であり、

この成分ならば、どちらかというと“化粧水”に近い感じがしますね。つまり、「リリィジュは頭皮の化粧水」といえるかもしれません。

もちろん頭皮の保湿や炎症を抑えることは、髪の毛を作る細胞のダメージを抑え、修復能力を高めてくれる可能性はあります。

ただ今のところ、それらと育毛の関係についてはまだわかっていません。

どの育毛剤がよいのか

リリィジュは頭皮用の化粧水のような効果は期待できるが、育毛効果自体は科学的に根拠が高いわけではないことが分かりました。

では、本当に効果の期待できる育毛剤は存在するのでしょうか?

おすすめの育毛剤はこれだ!

育毛剤、脱毛について熟知した私が本当におすすめするのは「ミノキシジル」と「低出力レーザー」です。

なぜおすすめするかというと、日本も含め世界の多くの国がガイドラインにてミノキシジルと低出力レーザーを最高の推奨度で示しているからです。

ガイドラインというのは、ある病気に対して、「こういう治療がいいですよー」ということを書いた、いわば「治療の攻略本」のようなものです。

ミノキシジル、低出力レーザーはFAGA(女性型脱毛症)の治療において第一選択の治療薬だとされています。

そして何より、世界中の多くの研究で、“ミノキシジル、低出力レーザーを使用すると、髪の毛が生える効果が見られた”と証明されているのです!

ミノキシジル

ミノキシジルは、男性ホルモンではなくて、血流促進・発毛活性化遺伝子の促進など、髪を生やすシステムそのものに働きかけることで育毛効果を発揮します。

そのため、こちらは男性、女性両方が使用することのできる薬です。

ミノキシジルの育毛剤は薬局でも購入することができます。

低出力レーザー

低出力レーザーは、LED・低出力レーザーを頭皮にあてるだけで髪の毛が生えてくるという魔法のような治療法です。
毛根の細胞を活性化することで髪の毛の成長を促します。
2日に1回もしくは3日に1回、5分足らずの治療で効果を発揮します。

この治療法のすごいところは副作用がほとんどないということです!
副作用が心配な方でも安心して取り組める治療法です!

現在こちらのヘアマックス公式ページで、プロモーションコード「HMX2016」を入力いただくと8%割引になるキャンペーンを行っています。
*キャンペーンは予告なしに中止になる可能性があります。
HairMax for FB

まとめ

今回は、育毛剤「リリィジュ」の効果のほどについて紹介しました。

結論としては、「リリィジュ」は“頭皮の化粧水”といえるかもしれません。

より強く発毛効果を実感したい方は、「ミノキシジル」と「低出力レーザー」の2つが絶対的におすすめです!

ぜひ試してみてください!

1)
https://www.wellbest.jp/rereje_pr/
2)

3)
Atopic dermatitis: an evidence-based treatment update.
Silverberg JI1.
4)
The anti-inflammatory activity of licorice, a widely used Chinese herb.
Yang R1, Yuan BC1, Ma YS1, Zhou S1, Liu Y1.5)
5)
Hair lotion dermatitis with sensitization to d-panthenyl ethyl ether.
van Ketel WG.
6)
Allergic contact dermatitis caused by panthenyl ethyl ether in a patient with psoriasis.
Foti C1, Romita P1, Bufano T1, Antelmi A2.
7)
Effects of Swertia japonica extract and its main compound swertiamarin on gastric emptying and gastrointestinal motility in mice.
Kimura Y1, Sumiyoshi M.

関連記事

ページ上部へ戻る