なぜ薄毛治療はリーブ21なのか?

CMで頻繁に顔を出す「リーブ21

その知名度はすさまじく、利用したことある!という方もいるのではないでしょうか?

しかし、リーブ21ってなんとなく実績のすごさは伝わるけど、何をしているかイマイチ分からないと思いませんか?

そこで今回は、リーブ21が実際にどんなことをしているかを医学的な目線で分かりやすく解説したいと思います!

リーブ21 とは

日本の発毛業界では類を見ない規模を誇るリーブ21。

しかし、その治療内容は謎のベールに包まれています。

何をやってるのか分からない以上、せっかく興味を持ったとしてもなかなか手を出しづらいですよね…。

まずはリーブ21の公式サイト1)を覗いてみて、何を行っているのか、どんなものを使っているのかを分かりやすく紹介したいと思います!

どんなところなのか?

リーブ21では、

・カウンセリング
・施術
・生活指導

の3つを主な治療内容として行っています。

カウンセリングでは、頭皮の状態を観察することで脱毛の種類を診断し、それに合わせた治療を選択します。

また施術では、シャンプーによる洗浄からスチーマーによる頭皮のリラックス、トニックや治療器による育毛を主に行っているそうです。

さらに生活指導では、食生活や生活習慣の改善の仕方などを指導するようです。

リーブ21は“美頭皮エステクリニック”!?

リーブ21の治療内容から分かるように、まるでエステサロンのようなことを行っていることが分かりますね!

このことから、リーブ21はエクササイズでいう“ライザップ”のように、

「治療面・生活面などでトータル的にサポートすることで育毛させてあげるお店」

ということができますね。

まるで、“美肌エステクリニック”ならぬ“美頭皮エステクリニック”ですね!

治療法の種類は?

現在育毛治療には、薬剤(育毛剤含む)・カツラ・植毛・レーザーなどがあります。

リーブ21には詳しいことは書いてはありませんが、公式サイトにも、そしてCMでも宣伝しているようにカツラや植毛ではありません

また、リーブ21が40年かけて独自開発したとしている「発毛育毛装置」には、周波数や波長のことが書かれています。

そのためメインの治療の種類はおそらく“レーザー”なのではないかと思います。

もちろんリーブ21では「装置」としか書かれてありませんし、ほかにもさまざまな種類の施術が行われています。

どんな機器を使ってる?

先ほども紹介したように、リーブ21の施術では、

頭皮を保湿、加熱することで柔らかくする「スチーマー」や、

育毛に必要な成分が詰まっている「トニック」をはじめ、

そのトニックをイオン化することで浸透しやすくするとされる「イントロライザー」

頭皮環境を整える「ビームライザー」などが使われています。

リーブ21 で効果は出るのか

脱毛状態の診断から、施術、ホームケア、さらには生活指導まで…。

リーブ21では、お客さんを様々な面からサポートしようという手厚い姿勢が見られます。

正直、これで効果が出なかったらお手上げ(笑)

そう思ってしまうほどの豊富なサービスですが、はたして本当に効果は出ているのでしょうか?

治療症例数はすごい

リーブ21の公式サイトでは、これまで31万人以上を治療してきたことが広告されていて、「発毛体験者の声」なるものも多数掲載されています。

そこには、髪の毛の量がビフォーアフターでかなり増加しているものばかリが掲載されており、中には全く髪の毛がない状態から健全な毛量へと変化を遂げている方もいました

さすがに、そこに掲載されている方はリーブ21の治療の歴史の中でもトップクラスの成果を上げた人たちばかりなはずです。

しかし、「そこまで成果を出せる可能性がある」という現実に心を躍らせてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

気になる料金は?

リーブ21の治療実績には目を見張るものがありますが、それに伴う費用は莫大です。

体験者の声から、おそらく治療は1年ほどを1セットとして行っているようです。

しかし、標準的な治療コースだと、1回16200円!しかも月に2回通わなければならないそう…。

このことから、標準的な育毛治療コースを1セット行うのに1年で388,800円必要ということになります。

もちろん1回からでも施術可能で、回数券やよりお得なコースもあるそうですが、やはり治療に何十万円もかかってしまうのはほぼ間違いないでしょう…。

学術的な保証はない?

学術的というのは、これまでの研究結果が実験なり論文なりで表に公開されていることを指します。

残念ながら、リーブ21の使用している薬剤や機器にはそういった実績や研究結果が医学的に証明されているという情報は見つかりませんでした…。

ちなみに、リーブ21の「発毛育毛装置」には特許取得の表示がありましたが、特許というのはその独創性やアイデアを守るための制度であり、効果を保証するものではありません

リーブ21 まとめ

これまでリーブ21について詳しく紹介してきましたが、簡単にまとめると、

・リーブ21は頭皮のエステサロン
・診断から施術、生活指導、ホームケアまでしてくれる
・メインはレーザー治療?
・治療実績(体験人数)はめちゃめちゃある!
・ただ料金も総じてめちゃ高い!
・治療効果に公式な根拠や保証はない!

ということになりますね。

効果の保証はなくて、どれくらいの人が“成功者”になれるかは正直分かりません…。

ただ、体験している人数はたくさんいるので、興味とお金に余裕のある方は1度チャレンジしてみるのもアリなのではないでしょうか!

オススメの育毛治療法3選

興味もお金もないという方!それでも今の薄毛は何とかしたいという方!

お待たせしました!

ここからは育毛効果があることがしっかりと明らかになっているものだけ!

今医師が認めている3つのオススメ治療法を紹介したいと思います!

フィナステリド

フィナステリドは現在でも全世界で使われている内服薬の1つです。

フィナステリドは、脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑えることで発毛を促してくれる薬で、特に男性の方に高い効果が認められています2)!

ただ、今のところ女性には効果がないとされており、また、妊婦や妊娠の予定がある方は使用禁止になっています

フィナステリドは処方薬なので、試してみたいという方は1度医師に相談してみるとよいでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは、フィナステリドと違い、血流増進作用などの効果によって高い育毛効果を実現する育毛剤です。

こちらは、男性だけでなく女性にも効果が認められているため、女性の方には特にオススメです3)!

ミノキシジルは市販されている薬であり、薬局でも手に入ります。

ヘアマックス

こちらは低出力レーザー治療器の紹介になります!

「へアマックス」のすごいところは、“へアマックスを使った育毛研究”がちゃんとあり、論文で効果が証明されている商品なのです4)。

それは、低出力レーザー治療の推奨度をランクB(行うよう勧める)としている日本皮膚科学会が、参考文献としてヘアマックスの研究を使っているほど5)!

しかもへアマックスはポータブル機器となっていて、どこでも気軽に使用することができます。

ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか!

まとめ

今回は話題の育毛サロン「リーブ21」の実態と、医師がおすすめする育毛治療法を3つ紹介しました。

これから育毛治療を始めようという方、今の育毛治療で伸び悩んでいる方!

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか!

1)
https://www.reve21.co.jp/

2)
Efficacy and safety of finasteride therapy for androgenetic alopecia: a systematic review.
Mella JM1, Perret MC, Manzotti M, Catalano HN, Guyatt G.

3)
Androgenetic alopecia: an evidence-based treatment update.
Varothai S1, Bergfeld WF.

4)
HairMax LaserComb laser phototherapy device in the treatment of male androgenetic alopecia: A randomized, double-blind, sham device-controlled, multicentre trial.
Leavitt M1, Charles G, Heyman E, Michaels D.

5)
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

Dr.ぎょっち

投稿者プロフィール

2013年千葉大学医学部卒。東京大学医学部附属病院にて2年間の初期研修を修了後、2015年より都内のAGAクリニックにて発毛治療に従事する。科学的手法に基づいて、500名以上の患者の髪を生やしてきた。「薄毛で悩む多くの人に、発毛の喜びを届ける」ことをモットーに、2017年よりMEDitor.jpを運営している。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る