白髪に効くサプリメントなど存在しない!?白髪の対処法とは?

白髪に悩んでいる方…多いですよね。

人間、長いこと生きていれば、必ず白髪に悩まされることになるでしょう。

最近、なんでも白髪に効くと謳ったサプリメントが流行っているそうです。

ですが、メディターでこの話題が挙がったということは………皆さんもうお分かりですよね?

はい、白髪に効くサプリメントなどといったものは医学的根拠は少ないです!

今回は、どうしてヒトは白髪になるのかといった話から、白髪の対処法まで、徹底的に解説いたします!

そもそも髪の色はどうやって決まるの?

白髪についてお話しする前に、そもそも何で髪は黒いのでしょうか?

また、我々日本人は基本的には黒髪だと思いますが、世界には金髪、栗毛、赤毛などの方もいらっしゃいます。

まずは、髪の色はどのようにして決まっているのか、そのような基本的な話からしていきたいと思います。

メラニンの量で髪の色が決まる!

まず、髪の色を決めているのはメラニンといわれる色素です。

このメラニンは、毛の根元にある毛母細胞の近くに存在している、色素細胞が作っています。

また、メラニンの中でも、ユーメラニンフィオメラニンといわれる2種類が髪の色を決める重要なメラニンとなっています。

黒髪はユーメラニン、金髪はフィオメラニン

黒髪のヒトはユーメラニンが大量に含まれていることが知られています。

我々日本人は、このユーメラニンという色素が多いことから、黒髪になっているのです。

対して、金髪のヒトは、ユーメラニンよりもフィオメラニンが多く含まれることで、金色となります。

ちなみに、ストロベリーブロンドやダークブロンドといった金髪の種類は、ユーメラニンとフィオメラニンの比率の違いによっておこります。

赤毛にまつわるお話

赤毛は非常に珍しい髪色で、スコットランドやアイルランドで比較的多くみられます。

赤毛は、フィオメラニンを最も多く含んでおり、対してユーメラニンは非常に少ないためにこのような色を示します。

ただ、赤毛に関してはかつてより偏見が存在しています。

モンゴメリ作の「赤毛のアン」、シャーロックホームズの「赤毛組合」など、今でもその差別の歴史が残っています(シャーロックホームズの「赤毛組合」は、この赤毛に対する差別の歴史を知らなければ意味が分からなかったのではないでしょうか?)。

白髪になる原因は加齢だけではない!?

髪の色がメラニンによって決まっているということが分かったところで、次は白髪の原因などについてお話ししていきたいと思います!

もちろん、ここまで読んでくださった方はお分かりかと思いますが、白髪というのは、髪からメラニンが失われた状態です。

しかし、このメラニン、加齢によって失われるだけではありません!

【原因①】栄養失調

先ほど、メラニンは、毛の根元にある色素細胞によって作られていると申し上げました。

この色素細胞に必要な栄養、つまりはビタミンやミネラルなどが不足すると、メラニンを作れなくなり、白髪になる可能性があります。

また、十分な栄養を摂取していても、血行不良などで栄養が届かず、白髪になることも考えられます。

ただ、このような白髪は栄養状態などを見直すことで、改善できる可能性があります。

【原因②】ストレス

過度のストレスは白髪にかかわらず、さまざまな身体的、精神的異常の原因となり得ます。

この現代社会でストレスを感じずに生きていくことは、ほぼ不可能ですが、体を動かしたり、趣味を見つけたりなどしてストレスを過度に感じないようにすべきでしょう。

【原因③】先天的な病気

先天的、遺伝的な原因によって白髪になる方もいます。

先天性白皮症は、メラニンの合成をつかさどる遺伝子の欠損によって、全身にメラニンの欠乏がおこる病気です。

生物学的には、アルビノといわれ、白い肌に赤い目を持つカエルやネコなどは見たことがある方も少なくないかもしれません。

もちろんヒトでも存在し、いわれなき差別などにさらされてきましたが、近年はその白い肌と銀髪を活かして、モデルをされている方もいらっしゃいます。

ロシア人のNastya Kumarovaさんは世界的にも非常に有名で、エルフの王女とも呼ばれています。

【原因④】後天的な病気

悪性貧血などは早期の白髪の原因となる可能性があります。

また、マラリア甲状腺の疾患などでも、急激に白髪が増えたり、一部に集中して白髪が発生することなどがあります。

【おまけ】加齢によって白髪になる理由をガチ解説!

さて、ここからはメディターでしばしば見かけるガチ解説です。

加齢で白髪になる理由をガチで解説します!

ちなみに、少し難しい話になってしまいますので、興味がない方、読んでもよくわからなかった方は、以下のことだけ覚えておいていただければ大丈夫です!

加齢によって、髪の色素(メラニン)を生み出す色素細胞がなくなってしまうために、ヒトは白髪になる!

さぁ、ここからはガチ医学的解説です!興味のある方だけどうぞ!

加齢による髪の色の変化は、毛根でのメラニンの生産が中止された後において、メラニンなしで新しく髪が伸びることで起こります。

Bcl2とMitfの2つの遺伝子が、白髪の発生の過程に関係していると考えられています。

毛嚢の基部にある幹細胞が、色素細胞の発生を担っており、色素細胞を生み出す幹細胞が加齢によって死ぬことによって、毛髪は白髪に変化し始めるとされています。1)

白髪に対する正しい対処法

さて、白髪になる原因もお話ししたところで、ここからが本題!

白髪に対しての正しい対処法をお伝えします!

白髪サプリメントは医学的根拠が薄い!

ここまで読んでくださった方はもうお分かりかもしれませんが、加齢に対する白髪に対して、サプリメントによって改善されるといった医学的根拠は少ないです

ただし、白髪が栄養失調や血行不良によるものの場合、サプリメントに含まれる成分によって改善がみられる可能性はあります。

自分の白髪が一体何が原因なのか、それを判断することが重要となってきます。

今のところ有効な対処法は2つだけ!

現在、加齢による白髪に対する対処法は2つだけです。

・白髪を切る
・白髪を染める

………こんなことを聞きに来たんじゃないよ!

そう思われる方がほとんどだと思います。しかし、メディターは皆さんに医学的根拠のある情報をお届けすることをモットーとしております。

今回、皆さんのご期待に応えられなかったのは、それゆえだとご理解ください。

もしかしたら改善するかも…

白髪の生理学には実はまだ不明な点が多くあります。

ここでは、将来、加齢による白髪を治療できるかもしれないという情報をお伝えしたいと思います!

化学療法や、電子ビームによる脱毛に伴う炎症反応の後に、白髪が一時的に元の色に戻ったという報告があります。2)

また、白血病の治療中に、抗癌剤によって白髪から回復したという報告もされています。3)

まとめ

いかがでしたか?今回覚えておいてほしいことは3つ!

・加齢による白髪に対するサプリメントに医学的根拠は少ない!
・加齢による白髪への対処法は、切るか染めるか。
・もしかしたら将来、効果のある治療法が生まれるかも…

この3つを覚えておいてください!

白髪の生理学はまだ研究途中です。将来、効果のある薬が誕生するかもしれません。

ただし、その時は、おそらくですがサプリメントではなく医薬品として登場するかと思います。

<参考資料>
1. Mechanisms of hair graying: incomplete melanocyte stem cell maintenance in the niche. [Science. 2005: 307(5710): 720-4]
– Nishimura EK, Granter SR, Fisher DE.
2. Changes in hair color. [Dermatol Clin. 1988: 6(2): 295-303]
– Cline DJ.
3. Cancer drug restores hair colour. [BBC News. 2002]

関連記事

ページ上部へ戻る