STEP1 薄毛の原因を知る

このサイトは、薄毛や抜け毛を科学の力で解決するサイトです。

「最近抜け毛が気になる、、」
「ちょっとてっぺんが薄くなってきたような、、」
抜け毛や薄毛の悩み、誰にも言えず抱え込んでいませんか?

当サイトは、ネットに蔓延する間違った情報を一掃し、科学の力で「本当に生える!」体験をしていただくためのサイトです!

発毛のステップは全部で4つ。

まずはステップ1、抜け毛、薄毛の原因を知りましょう!

あなたの薄毛の原因は?

AGAという言葉、聞いたことがありますか?
AGAとはAndreogenic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」のことです。
男性では20代で10%、30代で20%、全年齢だと約30%の方で発症すると言われています!

国内で実に1200万人の男性が悩む薄毛の原因なのです
白人よりも黄色人種の方が、AGAになる数が多いと言われています。
抜け毛の原因となる強力な男性ホルモンの影響により、徐々に薄毛が進行していく脱毛症です。

AGAの原因は男性ホルモン

男性ホルモンには種類があり、その中にはテストステロンという男性ホルモンがあります。テストステロンは還元酵素である5αリダクターゼに反応します。
5αリダクターゼは、頭皮にある皮脂腺などから分泌されていて毛髪を作る元となる毛母細胞やその周辺に存在しています。
テストステロンと5αリダクターゼが結合することでジヒドロテストロン(DHT)という、より強力な男性ホルモンに変換されることがAGAの原因です
ジヒドロテストロン(DHT)の詳しい解説はこちら

ヘアサイクルの乱れを引き起こす

ヘアサイクルとは髪の毛が抜けては生える周期のことを言い、主に3つの期間に分けられます。

①毛根から髪の毛が作り出され、どんどん伸びていく「成長期」(約2〜6年)
②成長が鈍り、髪の成長が止まる「退行期」(約2週間)
③髪の成長が完全に止まり、日常生活の中で自然と抜けていく「休止期」(約3〜4ヶ月)
髪の毛はこのサイクルを繰り返し、抜けては生えてが続いていくわけですね。

しかしAGAではジヒドロテストロンの働きによりサイクルが乱れ、通常約2〜6年かけて毛が成長する成長期が数ヶ月〜1年に短くなってしまうのです。
これが原因となって髪がどんどん細く、短くなっていきます。
最終的には、皮膚の表面に届かない程度までしか伸びなくなってしまい、薄毛が進行していきます。

“Anisotrichosis”: a novel term to describe pattern alopecia. J Am Acad Dermatol. 2007 May;56(5):856.

拡大カメラでみるとAGAの方では、細い毛や短い毛が混じっているのがわかります。

AGAは遺伝する

父方、母方に薄毛の家族がいると、もしかしたら将来あなたも薄毛が進行するかもしれません。
発症には遺伝の影響プラス、生活習慣やストレスも関係してきます

しかし、遺伝だけで発症するかどうかが決まるわけではないとはいえ、生活習慣改善だけで防ぐのは難しいと言えるでしょう。

あなたの薄毛の進行度は?

原因がわかったら、次は今の状況についてチェックしてみましょう。
実は、進行度によって対処の仕方が変わってくるのです!

ハミルトン・ノーウッド分類とは?

AGAは進行度により7段階に分類されています。
ハミルトン・ノーウッド分類と呼ばれ、ⅠからⅦへ進んで行く毎にAGAの進行段階を示しています。
aタイプは珍しいタイプですが、額から徐々に進行していくタイプです。

Male pattern baldness: classification and incidence. South Med J. 1975;68(11):1359.

これは、Ⅱ度やⅢ度だからまだ安心ということではありません。
この図のように、AGAは放っておけば薄毛がどんどん進行していくということなのです。
だから、早めに手を打つことが最も重要なのです!

どうやって治療するのか?

AGAの原因と、今の髪の毛の状況がわかったら、次に気になるのが「どうやって髪を生やすのか」ですね!
シャンプーや育毛剤、頭皮マッサージなど、TVやネットでは多くの商品が盛んに宣伝されていますね。
いったいどのように対処したらよいのでしょうか?

シャンプーや育毛剤に効果はない!?


たくさんの種類の育毛シャンプーや育毛剤が市販されています。
色々なデータを持ち出して、いかに発毛効果があるかを主張しているものもあります。
しかし、実はそれらのシャンプーや育毛剤に科学的に発毛や抜け毛予防効果があるものはほとんど無い!と言っても過言ではないでしょう。
簡単に説明すると、実験レベルで効果があることと、人体に使用して実際に効果があることには雲泥の差があるのです。
シャンプーや育毛剤だけに頼るのは絶対にやめてください!

私のクリニックにも、ネットの情報や謝った情報に振り回され、色々な市販薬や民間療法を試したけれど結局効果がなく、かなり進行してから来院する患者さんがたくさんいます

効果が証明されているのは限られた医薬品だけ

実は、科学的に発毛、抜け毛予防効果が証明されているのはフィナステリドミノキシジルなど、限られた医薬品だけなのです。
フィナステリドとミノキシジルの説明はこの記事も参考にしてください。
徹底解説!フィナステリドの効果と副作用
徹底解説!ミノキシジルの効果と副作用

TVやネットではいかにも効果がありそうな育毛剤やシャンプーを宣伝していますが、そのほとんどは科学的に効果はなく、効き目は限定的でしょう。
逆に言えば、そういった育毛剤やシャンプーを使用して、AGA治療の開始が遅くなるようでしたら、百害あって一利なし!と言ってもいいと思います。

AGAは、元々5αリダクターゼの還元酵素によってテストステロンがジヒドロテストロンに変換することが原因の進行性の脱毛症です。
医薬品を使ってその根本の原因から対処しないと、どうしても薄毛は進行していってしまうのです。
もし、シャンプーや市販の育毛剤で薄毛が治った人がいたなら、それはAGAが原因の薄毛ではなかったのでしょう。

ではそれらの薬を使ってどのように治療していけばよいのでしょうか?
それでは、次のSTEP2 抜け毛を予防するで、まずは抜け毛予防について見てみましょう。

ページ上部へ戻る