STEP4 さらに増やしたい人へ

さて、ここまで
STEP1で「薄毛の原因」
STEP2で「抜け毛を予防する方法」
STEP3で「髪を生やす方法」

を学んできました。

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ↓
STEP1 薄毛の原因を知る
STEP2 抜け毛を予防する
STEP3 髪を生やす方法

いよいよ最後のSTEPで、さらに髪を増やす方法をご説明します。
ここまでの方法(フィナステリドとミノキシジル)でも十分な発毛効果が得られます!
しかし、さらに髪を増やしたい人もっとフサフサにしたい人薄毛が進行してしまっている人これから紹介する方法を組み合わせることでさらに髪を増やせるかもしれません!

今回紹介するのはこちらの2つです。
低出力レーザー/LED治療
アデノシン

いずれも科学的に発毛効果が期待される方法です。
フィナステリドとミノキシジルの標準治療だけでは物足りない、もっと髪を生やしたい!という方に向けての治療法になります!
では、早速いきましょう!

低出力レーザー/LED治療とは?

低出力レーザー/LEDを用いた発毛器具

低出力レーザー/LEDを使った発毛器具が開発されています。
簡単に言えば、髪の薄いところにレーザー光をあてると髪が生えるという器具なのですが、これだけ聞くとほんとか?と疑ってしまいますね笑
しかし低出力レーザー/LEDには発毛効果があることがわかっており、FDA(アメリカ食品医薬品局)で認可されているれっきとした発毛治療なのです!

低出力レーザー/LED治療についてはこちらの記事にも詳しく書いてあります↓
ヘアマックス(低出力レーザー)で髪が生える!医師が徹底解説!科学が証明した発毛効果

低出力レーザー/LEDの発毛メカニズム

低出力レーザーには細胞を活性化する作用があるのです。
つまり、低出力レーザーは細胞の中のミトコンドリアという器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出します。
頭皮に低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出すことで、毛根の細胞(毛母細胞)を活性化させ、髪の毛が生えてくるのです!

低出力レーザー/LEDの発毛データ

低出力レーザーについては、世界で8件の信頼のおける臨床試験が公表されています。
そのうちのいくつかを紹介します。

HairMax Laser- Comb laser phototherapy device in the treatment of male androgenetic alopecia: A randomized, double-blind, sham device-controlled, multicentre trial, Clin Drug Investig , 2009; 29: 283―292.
この臨床試験では110人の男性型脱毛症の被験者を、
①低出力レーザーで治療するグループ
②効果のないレーザーで治療するグループ(プラセボ)
に分けて治療したところ、①低出力レーザーで治療したグループに優れた発毛効果が見られたという結果が得られました。②のグループでは当然、発毛効果はありませんでした。
副作用は特に見られなかったとのことです!

The growth of human Scalp Hair mediated by visible red light laser and LED sources in males, Lasers Surg Med, 2013; 45: 487― 495.
同じように、この臨床試験では41人の男性型脱毛症の被験者を
①低出力レーザーで治療するグループ
②効果のないレーザーで治療するグループ(プラセボ)
に分けて治療したところ、①低出力レーザーで治療するグループで、35%髪の毛が増えた!という結果が得られました。
こちらも副作用は見られませんでした。

いかがでしょうか!
これらは今までに行われた臨床試験のほんの一部ですが、低出力レーザーの優れた発毛効果がわかるでしょう。
フィナステリドとミノキシジルによる標準治療に、追加することでさらなる発毛が期待できる可能性があります。

アデノシンとは?

では、最後にアデノシンについて見ていきましょう!
アデノシンもここ数年の研究で発毛効果が認められた物質で、いま注目の発毛成分です!

アデノシンについてはこちらの記事にも詳しく書いてあります↓
アデノシンで髪が生える!医師が徹底解説!最新科学でわかったアデノシンの発毛効果

人体の素になる物質

アデノシンとは、DNAのもとにもなっているヌクレオシドよばれる塩基と糖が結合した物質です。

Topical adenosine increases thick hair ratio in Japanese men with androgenetic alopecia. International Journal of Cosmetic Science, 2015, 37, 579–587

「DNA や RNA の塩基として遺伝情報のコードに用いられている他、生化学過程でもATPやADPの一部としてエネルギー輸送に関わったり、環状AMPとしてシグナル伝達に関わったりする。」
   ーWikipediaより

まさに人体をつくる素になっているような物質で、なくてはならないとても原始的な物質でもあるのです!

ミノキシジルの発毛効果はアデノシンのおかげ?

ミノキシジルの外用薬は発毛効果があることがすでに証明され、世界中で男性型脱毛症(AGA)の患者さんに使用されています。
ミノキシジルについてはこちらの記事も参考にしてみてください↓
医師が徹底解説!ミノキシジルで髪が生える!効果と副作用

しかし、ミノキシジルが効くメカニズムは実ははっきりとはわかっていません。
そのメカニズムのひとつにアデノシンが関わっていて、ミノキシジルによってアデノシンが生成されることで発毛効果を示すのではないか?ということが言われているのです。

アデノシンの発毛効果

アデノシンの最新の臨床データ

4つの臨床試験でアデノシンが

髪を太くする
髪を強くする(硬くする)

作用があることが示されたのです!

ある臨床試験では80%(51人中41人)が見た目で薄毛がかなり改善し、少し改善した人も含めると実に94.1%(51人中48人)の薄毛が改善しました。

また別の臨床試験では、アデノシンの育毛剤がミノキシジルと同等の発毛効果があったことが示されました。
この結果だけで、ミノキシジルに全てとってかわることはないですが、
フィナステリドとミノキシジルの標準治療にアデノシンを追加することで発毛効果が期待できるかもしれません!

まとめ

以上、2つの治療法
低出力レーザー/LED治療
アデノシン
についてご説明していきました。

いずれも科学的データによって発毛が期待される治療法です。
フィナステリドとミノキシジルの標準治療に加えてこれらを組み合わせることで、さらなる発毛効果が得られる可能性があります。
ぜひ参考にして自身の発毛治療に役立てて見てください!

ページ上部へ戻る