【医師監修】ザガーロでふさふさになろう!効果と副作用について

この記事ではAGA治療薬のザガーロについて解説しています。

これまで日本で認可された唯一のAGA治療薬はプロペシアだけでしたが、2016年6月中旬に、新たに認可され処方が始まった治療薬がザガーロです。
プロペシア(フィナステリド)にない阻害効果が加わったことで、AGA治療効果がより強力になったと期待されている治療薬なのです!

ではザガーロとは一体どんな薬なのでしょうか?

ザガーロとは

ザガーロの成分はデュタステリドと呼ばれる物質で、前立腺肥大症の治療薬のアボルブという薬と同じ成分です。
また、AGA治療薬のプロペシアの成分のフィナステリドも、前立腺肥大症の治療薬プロスカーという薬の成分です。
ザガーロもプロペシアも前立腺肥大症の治療薬からAGA専用に開発された治療薬ということです。

ザガーロの効果

プロペシアとの違いは?

では、ザガーロとプロペシアの違いはなんなのでしょうか?

そもそも、AGAの原因となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)は、テストステロンと5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型が結合して変換されたホルモンになります。
プロペシアは5αリダクターゼⅡ型を阻害して悪玉ホルモンDHTの生成を抑える効果がありました。
それに対して、ザガーロは5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型の両方を阻害することができる治療薬です。

ザガーロの発毛効果は?

実は、効果を比較すると、プロペシア(フィナステリド)よりもザガーロ(デュタステリド)の方が発毛効果があったことが報告されました。↓
The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride.
つまり、プロペシアよりザガーロの方が髪が生える可能性があるということです!

当院ではプロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)の両方を処方できます。
患者さんに応じて、どちらか片方を使用するようにしています。

プロペシアで効果がない場合にもザガーロがよく効く

また、プロペシアであまり効果がでなかった人で、ザガーロに変更し服用することで回復する可能性があることが証明されました。↓
Effect of dutasteride 0.5 mg/d in men with androgenetic alopecia recalcitrant to finasteride.
これはザガーロが5αリダクターゼⅡ型だけでなく、Ⅰ型にも効果を示すことが影響していると考えられます。
そのため、プロペシアで効果が出なかった人でも、ザガーロを使えば発毛効果が出る可能性があります

プロペシアとザガーロを取り扱うAGAクリニックもあれば、ザガーロだけしか取り扱わないクリニックやジェネリック薬を取り扱うクリニックもあります。
AGA治療薬の取り扱いは、クリニックや病院で統一しているように見えても、実は各クリニックや病院によって、取り扱うAGA治療薬の種類は違うことがあります。

ザガーロの副作用


さて、気になるのが副作用ですね。
ザガーロの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか?

ザガーロの副作用とは?

薬の添付文書に記載されている、主な副作用と頻度は以下の通りです。

1%以上 1%未満  頻度不明
 過敏症 発疹 蕁麻疹、アレルギー反応、掻痒症、限局性浮腫、血管浮腫
 精神神経系 頭痛、抑うつ気分 浮動性めまい、味覚異常
生殖系及び乳房障害 性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害) 乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感) 精巣痛、精巣腫脹
皮膚 脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症
消化器 腹部不快感 腹痛、下痢
 その他 倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加

いろいろ書いてありますね、、、笑
ただ、もちろん気にしなければいけないのですが、正直1%未満の副作用はほとんど起こりませんし、気にしすぎる必要はないんじゃないかと個人的にはおもいます。

ザガーロで男性機能は落ちるのか

副作用で気になるのは「性欲の減退や勃起不全・精子の色や量」などが少し頻度が多く、

勃起不全(4.3%)、リビドー(性欲)減退(3.9%)、 精液量減少 (1.3%)

と記載されています。
こちらはザガーロが男性ホルモンに作用することと関係があると思われますが、
実はまだそのメカニズムは説明しきれていません。
男性ホルモンの数値と性欲が重要な関係があるということはわかっています。

薬を続けていくうちに男性機能が回復していくという報告もあり、
また、薬をやめると機能は回復するというのが一般的な理解です。
もちろん注意しなければいけない副作用であることには変わりないのですが、過度に心配する必要はないと思われます。

ちなみにこれらの副作用は、プロペシアと比較して変わりはないと言われています。

こちらの論文が参考になります↓
Adverse Effects and Safety of 5-alpha Reductase Inhibitors (Finasteride, Dutasteride): A Systematic Review.

女性や未成年は使用できない

AGA治療薬は胎児への影響がある可能性があるので、プロペシアもザガーロも女性と未成年は服用できない治療薬になっています。
ちなみに海外では女性にも徐々に使われるようになってきているようで、発毛効果も報告されています。
しかしながら、長期的に使用したときの安全性はまだ報告されていないようです。
日本では女性への使用は認められていないので、残念ながら女性には処方できません。

ザガーロの使用方法

用法用量を守って毎日続けて服用することが、効果につながります。

ザガーロの服用回数 1日 1錠 任意の時間

1日1回1錠を任意の時間に服用してください。
服用の時間に指定はありませんが、毎日同じ時間に飲んだ方が血中濃度が安定すると思われます。
また、食事の後に飲んだ方が胃腸への負担が少ないと思いますので、当院では朝食後の服用をオススメしています

発毛までの期間


プロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)ともに内服を始めてからおよそ1ヶ月まで抜け毛が増えることがあります。
これは初期脱毛といわれ、ヘアサイクルが正常化する過程で一時的に髪が抜けることを言います。
しかし心配しないでください!
1ヶ月を過ぎたあたりから初期脱毛は終わり、抜け毛は止まります。

そして早い人では90日くらいから髪が生えてきます!
はじめは生え際、頭頂部に徐々にうぶ毛が生えてくる感じです。
そして4〜5ヶ月もすると発毛を実感できる人が増えてきます。
その後1年間くらいはどんどん髪が生えてくる時期です。
1年もすると自分でも発毛を実感し、周りの反応も変わってくるかもしれません。
もちろん個人差はあるので、確証はできませんが、臨床試験でもザガーロの発毛効果は科学的に証明されています。
The importance of dual 5alpha-reductase inhibition in the treatment of male pattern hair loss: results of a randomized placebo-controlled study of dutasteride versus finasteride.

デュタステリドのおすすめはこちらのデュタステリド(デュタボルブ)0.5mg
デュタステリドを0.5mg配合し、発毛効果が科学的にしっかり検証されているお薬になります。

関連記事

ページ上部へ戻る